甘い物は別腹は本当?食べても太らないのか真実を検証します。

甘い物は別腹は本当?食べても太らないのか真実を検証します。

テレビやマンガでも「甘いものは別腹だよ」なんていう言葉がよく飛び交っています。

 

特にその言葉を発する人にも注目して欲しいのですが、大体そういうことをいう人は「太ったおばさん」が多いのではないでしょうか。

 

「甘いものは別腹」というのは何を意図として発しているのかというと「満腹だけど甘いものは食べても太らないよ」ということが言いたいのでしょう。

 

しかしそれは本当なのでしょうか。

 

確かにご飯をいっぱい食べて満腹になっても甘いものだったら食べられるという感覚はあると思います。テレビの中だけでなく日常生活でもご飯を食べに行ったりすると「甘いものは別腹だ」という話題になってメインディッシュを食べたあとにデザートを食べるというこもよくあるのではないでしょうか。

 

6c2c499f7a057e487f48acc2b4f0b135_s.jpg

 

なぜ甘いものは満腹になった後も食べられるの?

 

実は人間のメカニズム的にたとえご飯をお腹いっぱいになるまで食べたとしても、甘いものを見るとその瞬間に胃が無理やり動いてその分の胃にスペースを作ってしまう場合があります。

 

要は甘いものを食べたい!という欲求から本当にお腹の中に甘いものが入るための別腹となるスペースができると言われています。

 

これは確かに私も納得です。たとえば焼き肉屋でお肉をいっぱい食べて満腹となってもテーブルに美味しそうな抹茶アイスクリームなどのメニューが見えたら急に「あれまだ食べられそう?」という感覚になったことがあります。

 

また、別にあえて甘いものや、その写真などを見なくても今までご飯の後には必ず甘いスイーツを食べていたりすることを習慣化していたのなら体が勝手にそのための別腹を空けたりすることもあります。

 

欲求にしたがって甘いものを食べても太らないの?

 

上で甘いものを食べたいという気持ちが強くなることで胃の中にスペースが空いてしまうことで別腹が作られるということを解説しました。

 

しかしその欲求のままに甘いものを食べても太らないのかということが最大の問題になってくるのではないでしょうか。

 

おそらく予想通りの回答になってしまうかもしれませんが、やはり別腹とは言え甘いものを食後に食べるとその分太ってしまいます。

 

せっかく食事制限などをして頑張ってダイエットをしても夜のご飯の後に欲求にしたがって甘いものを食べてしまうと残酷かもしれませんがやはりその分だけ体重も増加しますし、ダイエット成功までの道のりも長くなってしまいます。

 

食後に甘いものと食べたい!という抑えきれない気持ちを抑えるには?

 

実はこの食べたあとに更に甘いものを食べたい!というダイエットの敵とも言える自分の気持ちはとある成分を食前に摂ることで静めることが出来ます。

 

ここがポイント!

食欲を自然と抑えられるということでアメリカではすでにダイエット食品として人気を博している酵母ペプチドという成分が健康的でありつつも強力な食欲抑制効果を発揮してくれます。

 

この成分が含まれているサプリメントなどを1日3食の食前に摂ることで強い甘いものを食べたいという欲求も静められるので、ダイエット中の方には強いサポートになります。

 

当サイトでもスッキリ博士が酵母ペプチドを取り入れたサプリメントの「はぴーと酵母と黒しょうがのさぷり」を実際に試してその効果などを検証してきました。

 

ダイエット中なのに甘いものは別腹!といっていつも食べてしまっていてダイエットがなかなか上手く行かなかったという方はこちらの検証記事もご覧になってみてください。

 

食欲抑制効果のある酵母ペプチド配合「はぴーと」の効果・体験談

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加