腸内環境が整えて内臓脂肪を落とす!具体的な手順を解説します

腸内環境が整えて内臓脂肪を落とす!具体的な手順を解説します

腸内環境が悪い状態が続いていると便秘がちになってしまったり、宿便が溜まってしまうことでお腹周りがぽっこりと張ってくることがあります。

 

また消化吸収能力も同時に低下していくので内臓脂肪が蓄積しやすい状態となってしまいます。

 

腸内環境を整えることでそんな内臓脂肪を落とすことができるようになります。

 

 

 

内臓脂肪は普通にダイエットをしてもなかなか落とすことができずに苦労してしまいがちな脂肪でもあります。
特に体内の血液は腸から作られているということもあるので、腸内環境が悪化している状態だと血液がドロドロで汚れた状態になってしまいます。

 

そうするとサラサラで綺麗な血液の状態とくらべて酵素や栄養を細胞の隅々にまで送ってあげることができなくなるのでそれも内臓脂肪が溜まる原因となっています。

 

有酸素運動や食事制限などで通常のダイエットを行っているのに内蔵脂肪がいつまでも減らないという場合は今回のように腸に問題が隠さている場合が多いので、食生活の見直しやサプリメントなどの併用によって腸内環境を整えるようにすることが改善への近道となります。

 

腸内環境を整えられる食材

では内臓脂肪を少しでも早く効率的に落とすために腸内環境を改善していく事になると思うのですが、その際にまずは食事から変えていくことをオススメします。以下に腸に優しい食材をいくつか紹介しますのでなるべく普段の食事の中に取り入れるようにしてみてください。

 

ヨーグルト

やはりヨーグルトには乳酸菌なども豊富に含まれているので腸の働きをよくしていくことができるようになります。
また、毎日ヨーグルトを食べるようにすることで腸内にはバクテリアが増えるので善玉菌が溢れる綺麗な腸内に改善していくこともできます。

 

 

 

ヨーグルトにもいろいろな種類がありますが、プロバイオティクスと呼ばれる微生物が含まれているものを選ぶようにするとより早い段階で善玉菌が増えるようになります。

 

洋なしの中にはソルビトールという甘味を作り出す糖アルコールが含まれているのですが、その影響で腸内に水分が増えることから溜まっている便が柔らかくなってスムーズに排泄ができるようになります。

 

 

 

特にいまのところ便秘をしている方は洋なしを食べると食物繊維も摂取することができるのでお通じを改善することができるようになっていきます。

 

納豆

納豆は発酵食品ですので腸内環境や体内の代謝を高めることができる酵素も豊富に含まれている食材です。1日1食くらいは納豆を食べるようにすると腸内の善玉菌となる乳酸菌の量が増加するので腸内の細菌バランスが整うようになります。

 

 

 

さらに納豆にはドロドロ血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼや、血管の働きを活性化させられるポリアミンなども含まれているのでそれらの効果で内臓脂肪がそもそも溜まることが少ない体質へと改善できるようになります。

 

乳酸菌サプリメントで一気に腸内環境を激変させる

ここまでは食材で腸にいいものを幾つか紹介してきましたが、最も早く腸内環境を整えることができてなおかつ内臓脂肪を素早く落とすことができるのは乳酸菌サプリメントとなっています。

 

乳酸菌サプリの場合は食材に含まれているような乳酸菌が小さなカプセルの中に凝縮して含まれているので摂取効率自体が断然高くなります。

 

さらに最初から乳酸菌の粉末でカプセルの中に入っているので腸に届いてカプセルが溶けた段階で一気に乳酸菌が腸内に広がっていくようになります。

 

 

 

そのために体に乳酸菌が浸透して善玉菌が増えるまでの速度が早くなるというのがメリットでもあります。

 

短期間で内臓脂肪を落として気になる張ったお腹を変えたい!という場合は乳酸菌サプリメントを使ってみると想像以上に早く症状が改善されるかと思います。
便秘だったり宿便が溜まっている場合も数日でそれらを改善できるようになるので使いやすいですよ。

 

実際に使ってみて最も内臓脂肪に効果が高かった乳酸菌サプリメントは?


 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ