デブ菌を減らすのが痩せる最短ルート!具体的にデブ菌を減らす方法

デブ菌を減らすのが痩せる最短ルート!具体的にデブ菌を減らす方法

 

 

痩せない原因はデブ菌にあるという話を聞いたことはないでしょうか。

 

ヒトの腸内にはヤセ菌とデブ菌があると言われており、ヤセ菌が多いと食べても太らず自然と痩せやすい体質となります。

 

それに反してデブ菌のほうが多い状態になっていると痩せにくいのに太りやすい体質となってしまうので痩せている人と同じような食事を食べているのに太ってしまう傾向にあります。

 

カロリーも糖質や脂質なども同じものを食べているのに自分だけ太るなんて不公平じゃないか・・・と感じるかもしれませんが、その原因をたどっていくとすべての原因はデブ菌にあると言えるわけです。

 

はっきりいいますが、デブ菌を減らすことで痩せるための最短ルートを作る事ができます。

 

ここではデブ菌を減らすための具体的な方法などについてまとめていこうと思います。なかなか痩せないということでダイエットにつまづいている人は参考にして頂いてダイエットに役立てていただければと思います。

 

そもそもデブ菌とは何なのか?

 

 

デブ菌という言葉ばかりが注目されていることもあるので、そもそもデブ菌って何なのさ?ということをよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

 

デブ菌はいわゆる悪玉菌と言われる腸内細菌の一種の少しカジュアルな言い方となっています。

 

参考→デブ菌とは?肥満を解消するための腸内フローラの作り方

 

腸内細菌におけるデブ菌の位置

腸内細菌の種類は数百種類を超えると言われていますが、分類を分けると善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の3つに分けることができます。

 

善玉菌はヤセ菌のことであり、できるだけ腸内に増やしていきたいものですが、悪玉菌はデブ菌なので腸内から減らしていきたいものです。

 

日和見菌はデブ菌でもヤセ菌でもないので太る痩せるにはあまり関係ないのですが、日和菌をいかにヤセ菌に寄せていく事ができるか?という点もダイエットの観点からいうと重要だったりします。

 

デブ菌=ファーミキューテス菌

デブ菌をもう少し具体的に言うとファーミキューテス菌と呼ばれる菌であることも最近は解明されています。

 

腸内細菌のうちのおよそ9割ほどはバクテロイデスかファーミキューテスのどちらかに分類されていると言われていますが、肥満体型の人はファーミキューテス菌のほうが多い状態になっているということなどは研究でも明らかになっていることです。

 

ファーミキューテス菌が腸内に増加すると食事から摂取したエネルギーを排出する前に体内に吸収してしまうことから肥満に直結しやすいと言われています。

 

痩せるにはデブ菌を減らすのが重要

一般的にいうと痩せるためには摂取カロリーを減らすか運動などをして消費カロリ-を増やすかどちらかという認識がされている場合がほとんどだと思います。

 

それについては決して間違いではないのですが、デブ菌を減らすことを同時に行うことによって痩せるまにでかかる時間を大幅に短縮することもできるようになります。

 

デブ菌が多いと食べたものをスムーズに排出することができなくなって、長期間腸内に溜め込んでしまうので腐敗してお腹が張るようになったりします。

 

そもそもデブ菌が多いとヤセ菌が日和見菌すらデブ菌よりになってくるのでヤセ菌が生息しにくい腸内環境になっているので、ヤセ菌を増やすというよりもデブ菌を減らすことを先に考えていかないといけません。

デブ菌を減らす具体的な方法とは

 

 

それではダイエットを効率化させるためにデブ菌をこれから減らしていこうとなったときに何から始めるのがベストなのでしょうか。

 

デブ菌は脂っこい食べ物を好む

デブ菌は肥満者が好む傾向にある脂っこい食べ物が大好きです。

 

ラーメンや焼肉、ハンバーグやカツ丼などといった定番の高カロリーな食事は体に良くない脂分がたっぷりはいっています。

 

それらは食べると美味しいですし、満足感もあるので癖になってしまうかもしれませんが、脂っこい食事はデブ菌を増やす最大の原因となります。

 

子供の時から肉ばかりじゃなくて野菜も食べないとだめでしょ!と親に叱られた経験がある方も多いと思いますが、それは本当に意味のあることでデブ菌を増やしすぎないためにも守っていくべきことなのです。

 

デブ菌を減らすためにはまずは脂っこい食事は控えめにするべきなのですが、たまに脂っこいものを食べるときなどは野菜を先に食べておくようにするなどしてデブ菌の増殖を防ぐようにしていくのが理想です。

 

空腹の時間も作るようにしていく

 

 

肥満の人は空腹の時間があることが嫌なので、少しでもお腹がすいたと感じたらすぐに間食をするなどして空腹である時間をほとんど作らないようにする傾向があります。

 

たしかに空腹感はストレスになりますし、空腹を感じているとイライラしてやる気も集中力も上がらないといった方もいますし気持ちはすごくわかります。

 

しかしデブ菌は空腹を感じている間はあまり増えないですし、満腹に近い状態だとデブ菌が増殖しやすくなります。

 

最初は空腹を感じる時間がストレスに感じるかもしれませんが、デブ菌を減らすためにも食事の量を多くなりすぎないように調整したり間食を減らすなどして空腹を感じる時間をあえて作っていくようにするといいです。

 

腸内環境を整えることでデブ菌が生息しにくい環境を作る

バイ菌が汚れた場所が好きなように、デブ菌は汚れた腸内環境を好みます

 

清潔な環境だとバイ菌が繁殖しないのと同じようにクリーンな状態に整った腸内環境だとデブ菌も増殖せず少しずつ減らしていく事ができるようになります。

 

デブ菌だらけで汚れた腸内になっている方はまずは腸内環境が綺麗な状態になるように整えるようにしていけばデブ菌を減らす事ができるようになります。

 

腸内環境を整えるためにはヨーグルトなどを毎日たべてビフィズス菌などのようなデブ菌を殺菌する作用もある菌を直接摂取するのも効果的です。

 

痩せ菌サプリにはデブ菌を減らす効果も期待できる

 

 

ダイエットサプリなどには色々な種類がありますが、ここ最近最も注目度が高いダイエットサプリのジャンルとなっているのが痩せ菌サプリです。

 

基本的には痩せ菌を増やすための成分などが複数配合されているサプリメントになるのですが、痩せ菌サプリにはデブ菌を減らせる特殊な成分などが配合されている例も多数あります。

 

とくにビフィズス菌B3であったり、生きて腸内に届く乳酸菌などは効率よくデブ菌を減らすためにも積極的に摂取しておきたいところです。

 

痩せ菌を増やせるサプリメントだったらそうした成分をまとめて摂取することができるので、手堅くデブ菌を減らしたいならまずは痩せ菌サプリを選んで使ってみるというのが手っ取り早いです。

 

参考→痩せ菌サプリの比較・ランキングはこちら

 

普段の食生活の献立を調整する

 

 

デブ菌を減らしつつ痩せ菌を増やしていくためにも食生活はあまり乱れすぎないようにしていく必要があります。

 

ファストフードなどは痩せ菌を減らしてしまうだけでなくデブ菌を増やす原因にもなるので控えめにしておいたほうが良いです。早く簡単に安く食べれるものは添加物や香辛料なども多く含まれているので体に良いことは一つもありません。

 

食物繊維などは痩せ菌のエサとなって痩せ菌を増やす助けになってくれることもわかっているので、食物繊維が豊富に含まれるキャベツやカボチャ、大根などといった野菜類を献立に含めるようにしていくのもいいですね。

 

野菜類をそんなに食べるのが難しいという方については食物繊維だけでなく不足しがちな野菜の成分などをまとめて摂取できる青汁などを毎日1杯飲むようにしていくのもいいでしょう。

 

参考→ダイエット目的で使いたい青汁を徹底比較【検証済みランキング】

 

まとめ

ダイエット効果を少しでも早く実感するためにもデブ菌を減らすことを優先するべきであるということで、デブ菌を減らすための具体的な方法などについてまとめてきました。

 

日常的な食生活はもちろんデブ菌の増減に大きく関係していますが、ある程度遺伝なども関係していることなので親が太っている人はデブ菌の種類や量なども親から引き継いでしまっているというケースなども考えられます。

 

それでも今回お伝えしてきている対策方法でデブ菌を減らすことは可能になってくるので、デブ家系だからといって諦める必要はありません。

 

菌活を行いながら少しでも早くデブ菌を減らして理想的な体型を目指していって、健康状態や美容状態なども良好に維持できるようにしていきましょう。

 

菌活に最適なサプリ→スマート菌活の効果と口コミ

 

痩せ菌サプリのランキングをチェックしてみる

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリをを徹底比較したランキングです▲