ダイエットサプリに依存するリスクとは?依存せずに痩せる方法

ダイエットサプリに依存するリスクとは?依存せずに痩せる方法

 

 

ダイエットサプリを使えば普通にダイエットをするよりも素早く痩せる事ができるので魅力は大きいですが、ダイエットサプリを飲まないと太りそうで怖い・・・といった依存症とも言えるような精神状態になってしまいそうで怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。

 

実際のところダイエットサプリは薬ではないので医薬品のような本当の意味で困ることになるレベルの依存症になることはありません。しかし精神的に他に頼りどころがない人などはダイエットサプリを必要以上に買い込んでたくさん飲む生活を続けてしまったりして半分依存症のような状態になる可能性も多少は考えられます。

 

ここではダイエットサプリに依存する事によるリスクや依存せずに痩せる方法などについてまとめてみました。

 

これからダイエットサプリを選んで使っていこうと思っている方や、すでに何らかのダイエットサプリを使っているけれど今後どうしうようかという所で心配になってしまっている方は参考にして頂ければと思います。

 

ダイエットサプリに依存って本当にありえるの?

冒頭にも解説しているようにダイエットサプリそのものに依存を引き起こすような成分が含まれていることはありません。

 

タバコはニコチンのせいで依存するリスクがありますし、お酒はアルコールに依存してしまう要素があります。しかしダイエットサプリに配合される成分はいずれもダイエットや美容、健康に役立つ天然由来の成分が使われていることが殆どなので基本的に依存をする要素はどこにもないのです。

 

サプリメントそのものには依存のリスクなどはありませんが、使う人の精神状態などによっては確かにリスクも存在します。例えばダイエットサプリがないと生活できないとか、食事を食べるならダイエットサプリを先に飲んでおけないと食べられない・・・というような状態など。それだけダイエットサプリと言っても、選ぶものによっては強力な効果があるということです。

 

普通にダイエットをサポートする働きのためにダイエットサプリを買おうとしているくらいの人だったら依存のことなど考える人はないですが、これまでに過食症や拒食症を経験したことがある人や精神的にいつも何かに依存してしまいやすい方は警戒しておいた方がいいかもしれないというのが現状です。

 

ダイエットサプリの依存症になったら危険なの?

 

 

仮にダイエットサプリに対する依存症と言えるような状態になってしまったとします。

 

タバコやお酒などは依存症になってしまって毎日たくさん摂取することが健康を害することになるので将来的な生命の危険を脅かす可能性があるといえます。

 

しかしダイエットサプリはあくまでも健康食品です。毎日飲み続けることは健康にとって何ら脅威になりませんし、むしろ飲み続けることが健康にとってメリットとなることの方が多いです。

 

普通に飲み続けるだけなら依存しても危険性はない

例えば酵素などが配合されているダイエットサプリを使えば日常的な野菜不足などで栄養が偏っている人の栄養バランスを整えることもできるようになります。

 

また、乳酸菌系のダイエットサプリであれば腸内環境が整って免疫力が向上したり肌が綺麗になるなど健康に対するメリットは更に増えます。

 

このように考えるとダイエットサプリに依存してしまったとしても危険どころから健康にはプラスに働くことが多いので全くもって危険性はないということがわかります。

飲み過ぎは胃に負担がかかるから危険

あくまでも普通の量でダイエットサプリを飲み続けるだけだったら依存にしていても問題はないのですが、メーカーが提示している摂取目安量を超えるほど多くの量を飲み続けると危険性がでてきます。

 

というのもダイエットサプリなどを飲むと多少なりともサプリメントを溶かすために胃液などが分泌されることになるので胃や腸に対する負担はかかります。

 

適量の範囲ないであれば問題はないですが、適量を超える個数のダイエットサプリを飲み続けていると慢性的に胃の負担が増えることになるので胃液分泌量が増えてしまって逆流性食道炎などの症状がでてきてしまうリスクが高まります。

 

飲み過ぎかどうかの判断さえつかないくらい依存してしまっていると確かに危険はあります。

 

飲めば飲むほどお金がかかる

ダイエットサプリに依存してしまって飲む種類が増えたりすると、その分だけお金がかかってしまうという点も家計を圧迫するという意味で危険ではあります。

 

1つの種類を飲み続けるだけでも平均すると3,000円くらいは毎月かかることになるので、3つとか4つくらいのダイエットサプリを併用して飲み続けないといけないような状態になると毎月1万円異常はサプリ代だけで飛ぶ事になります。

 

月1万円は一般的な家庭では決して安い金額ではないので、できることなら1種類か2種類くらいに抑えておきたい所です。

 

ダイエットサプリに依存せずに痩せるには?

こうしてダイエットサプリに依存してしまうリスクについて考えていると危険はないと言ってもダイエットサプリを使うのが怖くなってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

やはり本来あるべき姿としてはダイエットサプリに依存することなく痩せるということになります。

 

ダイエットサプリの役割を正しく理解して使う

ダイエットサプリに依存しないためにも使うダイエットサプリがどのような役割を持っていてなぜ痩せる事ができるのかという点を正しく理解して使うようにするべきです。

 

使う事自体が悪いことではないのですが、「ダイエットサプリを飲むだけで痩せる」とか「ダイエットサプリを使わないと太る」といった固定観念だけが先行すると間違った使い方をして依存してしまう可能性が高くなります。

 

例えばこのサプリを飲んでおけば腸に善玉菌が増えて悪玉菌が溜まりにくくなるから体質的に痩せやすくなるとか。このサプリを食事前に飲んでおけば食後の血糖値上昇を緩やかにすることができるから食事で太りにくくなるとか。

 

正しい役割と使い方をわきまえてダイエットサプリを使うだけなら使い続けていても依存とはなりません。

 

そもそもダイエットサプリを使わない

それでもやっぱり依存しちゃいそう・・・と感じるならば最初からダイエットサプリを使わないでダイエットをするのがいいでしょう。

 

ダイエットをするのに必ずダイエットサプリを使わないといけないわけではありません。

 

従来のように食事を制限して栄養バランスを整えつつ適度に運動をするといった方法のダイエットでも続けることができるなら十分に効果はあります。

 

根気がないと続けないので結局ダイエットに失敗したりリバウンドをしてしまう可能性が高くなりますが、少なくともダイエットサプリに依存してしまうことは避けられます。

 

青汁など依存したり飲みすぎてもいいものを使う

ダイエットサプリだから依存しそうで怖い・・・というなら飲み続けたり飲みすぎても全て健康にとってプラスになる青汁などを使ったダイエットをするのもいいですね。

 

青汁といえば大麦若葉や明日葉、ケール、桑の葉などの有効成分がありますが、そうした成分を毎日しっかり補給すれば野菜不足による代謝低下などをカバーすることができます。

 

青汁なら食物繊維やビタミン・ミネラルなどをも豊富に含まれていますし、続けるほど効果が現れやすくなるためむしろ依存することで不健康な体質が健康な体質へと変わっていくようになります。

 

青汁だったら置き換えをすれば短期間でのダイエットも可能ですし、普通に飲み続けるだけでもダイエット効果が期待できます。

 

ダイエット青汁のランキングをチェック

 

まとめ

今回はダイエットサプリに依存することの危険性などについてまとめてきました。

 

改めてここまでの内容をまとめます。

 

  • ダイエットサプリに依存しても基本的に問題はない
  • 毎日ダイエットサプリを飲むと健康にとってプラスになる
  • 過剰摂取は胃への負担となるので危険
  • ダイエットサプリの種類を増やしだすとお金がかかる
  • 青汁などでダイエットをすれば依存が健康に繋がる

 

ざっとまとめるとこのようになります。

 

ここまでダイエットサプリの依存についてまとめてきたわけですが、医薬品ではないので依存はしない場合が多いです。

 

普通に自分の意思で選んで正しく使っていく事ができる人ならまず問題になることではないので気にする必要はありません。ただ心配性な人や何かしらに依存し易い方は今回の内容も参考にして頂いて無理のないダイエットにチャレンジしていただければと思います。

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲