過敏性腸症候群は薬局にある市販の漢方薬で治せるの?

過敏性腸症候群は薬局にある市販の漢方薬で治せるの?

慢性的な下痢や便秘、お腹にガスが溜まってパンパンに張るなどつらい症状が続いてしまう過敏性腸症候群ですが、なるべくスムーズに解消させるにはどうすればいいのかというところで色々と試行錯誤されている方も多いと思います。

 

 

 

ドラッグストアや薬局などに行くと漢方薬を簡単に購入することができるので便利ですが、そのような薬局などで市販されている漢方薬を使うことで過敏性腸症候群を治すことはできるのでしょうか。

 

過敏性腸症候群を治療する際には下痢や便秘に効果があるとされている漢方薬であればある程度の効果を期待することが出来ます。
漢方薬は自然の植物や動物、鉱物などから摂った生薬を組み合わせることによって作られているので現在の症状を改善させるだけでなく、免疫力をアップさせながら今後また病気にかかってしまうことがないように予防する作用も期待できます。

 

市販の漢方薬で過敏性腸症候群の治療をするメリット

市販の漢方薬を服用しながら過敏性腸症候群の治療をするメリットとなるのは便秘系の症状の場合はムリに下剤のようなものを使わずに、時間はかかっても自分の免疫力の力を活性化させながら治していくことができるというところですね。

 

下剤を使って無理やり腸の蠕動運動を起こして排泄をしてしまうと、それが癖になってしまうので下剤の効果も段々薄れてきてしまったり、下剤なしではしっかり排泄出来ない体質になってしまうこともあります。

 

市販の漢方薬の場合はそういった心配がないというところはメリットと言えますね。

 

市販の漢方薬で過敏性腸症候群の治療をするデメリット

それでは市販の漢方薬で過敏性腸症候群の治療をすることで何かデメリットとなるようなことがあるのかというところもお伝えしていきます。
まずひとつが、どうしても現状の症状に対する即効性が薄いというところがあります。

 

いますぐに解消したい症状があって辛いという時に市販の漢方薬で対策をしようとしても飲んでからすぐに効果を発揮することが出来ないので症状がしばらく続いてしまうことになってしまいます。

 

また漢方薬といえども立派な薬品です。
自分の体質や症状に合っていないものを選んでしまったり、飲む量を間違えてしまうと副作用がでてくることもあります。他に薬を飲んでいる場合はその薬との飲み合わせや、漢方薬同士での飲み合わせなどに対しても細心の注意を払う必要がでてくるので実際に使おうとすると思いの外ハードルが高くなる部分もあります。

 

もし過敏性腸症候群を市販の漢方薬で治そうと思うのであれば、自分の判断だけでなく必ず薬剤師が在籍しているところでしっかり相談してから購入するようにしていくことが重要です。

 

過敏性腸症候群を治すための漢方薬以外の選択肢は?

私の場合は漢方薬を使うよりも早く症状を改善できて、なおかつ副作用や飲み合わせなどについても気にする必要がない乳酸菌サプリメントを使って過敏性腸症候群を治すという方法で実際に症状を改善することができました。

 

 

 

乳酸菌サプリの場合はであれば過敏性腸症候群の原因でもある悪玉菌に対抗する善玉菌を増やすことができるので

 

乳酸菌サプリだと腸内環境を改善できるので、下痢や便秘といった症状だけでなく肌を綺麗にしたり、体調を良くしたり、アレルギー対策にもなったりと得られるメリットが多いというところもあります。

 

過敏性腸症候群を改善できた久光製薬の乳酸菌EC-12の効果体験談


 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ