便意があってトイレに行ってもおならしかでない!最適な対処法は?

便意があってトイレに行ってもおならしかでない!最適な対処法は?

ふと便意を感じてトイレに駆け込んでしばらく便を出そうと踏ん張っていてもなかなかでてこなくて、結局おならしかでないでそのまま便意がどこかにいってしまったということはありませんか?

 

 

 

便がそこまで来ているような感覚だったのに出せなくておならしかでないようなことがあるとスッキリしないですしかなりストレスになりますよね。

 

あまり何回もそのような状況が続いているとほとんど便秘といってもおかしくない状態ともいえますし、次第に腸のあたりがパンパンになって苦しくなってくることもあります。

 

どうして便意はあるのにおならしかでないのでしょうか。

 

あまり症状が長引くようだととある病気である可能性もでてきますので、しっかりと原因と対策方法について把握するようにして対処をしていく必要があります。

 

トイレにいってもおならしか出ない原因は?

実はこのトイレにいって便をしようとしているにも関わらずおならしか出ないというのは過敏性腸症候群と呼ばれる病気による症状の一つと考えられます。

 

病院で検査をしたりしても特に異常があるわけでもないのに今回のようにおならしかでないとか、頻繁に下痢をしたり便秘になってしまうというような腸内トラブルが起きる時はその大半が過敏性腸症候群による影響を受けてるとみて間違いありません。

 

今回のようにおならしかでないという場合は過敏性腸症候群による影響として腸内にガスが溜まりすぎていることから便よりも優先的にガスがでるようになってしまっているということ。
そして肛門からガスが出たときの反動で便が腸の方に押しやられてしまうということが主な原因となっています。

 

過敏性腸症候群になってしまった原因は?

それではそもそもどうして過敏性腸症候群になってしまったのかというところなのですが、この病気はその大半がストレスによって自律神経のバランスが崩れてしまっているというところにあります。

 

  • 肉体的に疲労が溜まっている状態がつづいている
  • 頭を使うことが多く精神的に疲労感が溜まっている
  • 何か辛いことがあって精神的ストレスを感じることが多い
  • 緊張したり不安に感じることがよくある

 

このようなことから腸内環境が乱れはじめてくるために過敏性腸症候群にかかってしまうことがあります。
また、ストレスはそんなに溜まっていないけれど食生活があまりにも乱れていて食物繊維やビタミンが不足気味かつたんぱく質や炭水化物が多いような状態がつづいていると腸内でガスが発生しやすい体内環境を作ってしまうのでその盈虚うからおならしか出ないような症状になっていることもあります。

 

腸内環境の改善が症状を改善させるための必須事項

おならしか出ないタイプの便秘症はガスが多いということからも腸内環境が通常の便秘よりも悪い状態にあると言えます。
そのため食生活や生活習慣などの細かいところも見直しながら乳酸菌サプリなどを使って素早く腸内環境の乱れを整えていくようにするのが早い段階で過敏性腸症候群ともどもおならしか出ないという症状を解消するためには重要となります。

 

腸に刺激のある食事は控える

今回のように過敏性腸症候群になっていたり、腸内環境が乱れている時には腸に与える刺激を極力少なくする必要があります。

 

冷たいものや辛いもの、強いカフェインやアルコール類、脂肪分の多い食事などといったものはどれも胃腸に大きな刺激を与えてしまいます。

 

 

 

ただでさえ弱っている腸内にさらに追い打ちをかけるように刺激を与えてしまうと今よりもさらに症状が悪化してしまう恐れがあります。
食べのみするものはできるだけ腸に優しいものを選ぶようにしていくようにしましょう。

 

適度に水分補給をすることを忘れない

便秘がちなっているときは腸内の水分不足も原因の中の一つであると言われています。ガスはたくさん溜まり放題なのに、便は水分が足りないとパサパサに乾燥してしまうことからおならは出たとしても便が硬くて出てこれないような状態になっていることもよくあります。

 

なるべく腸に刺激を与えてしまうことがないように水や温かいお茶(カフェインフリー)を飲むようにしたり、食事の際には食物繊維たっぷりのきのこスープなどを飲むようにするのもいいですね。

 

 

 

ヤクルトや飲むヨーグルトなどといったような乳酸菌飲料に関しては効果がありそうに思えるかもしれませんが、生きた乳酸菌がほとんど届かないのが現状なのでジュースを飲むくらいなら乳酸菌飲料の方がちょっとマシくらいに捉えておきましょう。

 

乳酸菌サプリで腸内環境を一気に改善しよう

おならしかでないという苦しい状況を改善するために最も効果的なのは乳酸菌サプリを使った対処法です。

 

コンビニなどで販売している乳酸菌飲料の場合はどうしても肝心な乳酸菌自体が腸に届かないという大きな問題点を抱えている一方で、乳酸菌サプリメントの場合はしっかりと生きた乳酸菌が届くようにサプリメントのカプセルに改良が施されています。

 

耐酸性カプセルが使われている乳酸菌サプリであれば、胃酸などの酸性の液体にかかってしまってもしばらくの間溶けずに耐えることができるので腸内に届いた後のタイミングで溶けはじめて乳酸菌を腸内に行き渡らせることが可能です。

 

 

 

そうすると乱れていた腸内環境も善玉菌のおかげで改善されるようになり、ガスが無駄に多く発生してしまったり、便が出にくいという状況も回避することができます。

 

過敏性腸症候群に対しても乳酸菌サプリメントで改善できるという報告は多数上がっているので、必ず解消できるというわけではなくともある程度の信頼性をもって使っていくことはできます。

 

おならしか出ない状態を改善するのに最適な乳酸菌サプリはこちらです。

 

(注目記事)生きた乳酸菌が腸内を整える!乳酸菌革命を実際に使った本音の効果

 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ