過敏性腸症候群によって幼児にも症状が出るケースが増加中!

過敏性腸症候群によって幼児にも症状が出るケースが増加中

近頃は過敏性腸症候群症状が大人だけではなく幼児にも症状が出てしまうケースが増えています。

 

大人であれば仕事や人間関係のストレスが引き金となって腸内環境が悪化して過敏性腸症候群の症状が出てくるケースが多いのですが、幼児をはじめとした子供の場合はどういった原因で過敏性腸症候群の症状が出てくるのでしょうか。

 

 

 

幼児の場合に起こりうる症状と、対処方法についてまとめてご紹介していきたいと思います。

 

幼児の場合に起こりうる過敏性腸症候群の症状とは

幼児の場合でも実は大人と同じような症状が起こる可能性が十分あります。例えば以下のような症状なども含まれています。

 

幼児に起こりうる過敏性腸症候群の症状一例

  • 急にくる予期せぬ腹痛
  • お腹の異常な膨満感
  • 排便のペースが乱れる
  • 慢性的な便秘
  • 慢性的な下痢

これらは幼児に限らず大人でも過敏性腸症候群の症状として表れることが多いものとなっています。

 

>>幼児の過敏性腸症候群を解消するのに最適なサプリとは

 

子供でもストレスを感じることはある

大人の場合は社会生活を送る際に様々なストレスに見舞われるものですが、子供の場合も度合いは違えどストレスを感じることはあります。

 

親は良かれと思って習い事をさせているものの、子供本人は実はストレスに感じていたり、幼稚園や小学校の生活の中で周囲との関係でストレスを抱えていたりと過敏性腸症候群を起こしてしまう可能瀬がある様々な要因が存在しています。

 

さらに自分よりも下の弟や妹がいる場合は親からの愛情が分散してしまって子供にとって自分でもわかっていないながらフラストレーションを感じるということもあります。

 

幼児のストレス要因を解消するとともに腸内環境を整えることが重要

まず親として先決して行うべきなのは上記に上げたような子供のストレスがないかどうか出来る限りのサポートをしてあげるということです。

 

そのうえで過敏性腸症候群なのであれば腸内環境は悪化していることになりますから、まずは腸内の環境を改善させてあげるようにする必要があります。

 

もしお子様の過敏性腸症候群の症状が上記でご紹介したような症状に当てはまるのであれば、まずは幼児でも安心して飲める乳酸菌サプリメントを食事の前に与えてあげるのが効果的です。

 

効き始めるまでにはある程度時間はかかりますが、下痢止めや便秘薬などを使わせるよりも安全性が高くなります。

 

最近は過敏性腸症候群の疑いがある胃腸関連の悩みを持つ子供がどんどん低年齢化してきている傾向にあります。

 

大人はもちろん、高校生には今までも過敏性腸症候群になる可能性が高いといわれていましたが、近頃では中学校や小学校、幼稚園など低年齢化が進んでいると言われているのが現状です。

 

少しでも症状がでているのであれば、なるべく早い段階で適切な対処をして症状を改善させるようにしていきましょう。

 

幼児も安心して使える過敏性腸症候群に最適な乳酸菌サプリは以下の通りです。

 

乳酸菌革命のレビュー記事をよむ

 

善玉菌のチカラのレビュー記事をよむ

 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ