酵素青汁111選の効果的な飲み方は?おすすめの使い方

酵素青汁111選の効果的な飲み方は?おすすめの使い方

スッキリ博士も現在愛用中の酵素青汁111選ですが、効果的な飲み方があるのであればその使い方に合わせて飲んでいきたいところではないでしょうか。

 

 

 

いつ飲んでも酵素と青汁ですから体にいいことは間違いありませんが、飲むべきタイミングなどを意識しているかどうかで実感できる効果にも違いがでてくる可能性は十分あります。

 

今回は実際に私がこれまで使ってきて感じたポイントなども含めて酵素青汁111選のポテンシャルを最大限に引き出すことができる効果的な飲み方についていくつか例を上げて解説していこうと思います。

 

栄養学の観点から言うと食前が最も効果的

酵素青汁111選を飲むということは多くの方がダイエット目的でのものではないかと思います。

 

ダイエット効果を期待して酵素青汁111選を飲むのであれば一番効果的な飲み方となるのは食前に飲むということです。

 

もともと青汁成分には脳の満腹中枢を適度に刺激して満腹感を生じさせる効果があります。
そして酵素青汁111選には普通の青汁を37.8杯分飲むのと同様の栄養素が摂取できるという特徴があります。

 

 

 

そのため満腹中枢に対する働きかけも普通の青汁よりも多くなるので、食事の際の食べ過ぎてしまうことを防ぐことができます。

 

また食べ順ダイエットなどが流行っているように時間栄養学の観点から言っても炭水化物などの食べ物を食べるよりも先に野菜の栄養素を体内に入れておくようにすることは血糖値の上昇をの急激な上昇を抑制することができます。

 

そうすると太る原因でもあるインスリンの分泌を抑えることが出来るようになるので血糖が脂肪へと変化することを防止することができます。

 

運動をする方は運動の30分前に飲むと燃焼効果が大幅アップ!

酵素青汁111選は青汁成分の中にモリンガという成分が含まれています。
このモリンガには脂肪燃焼効果が高まるアミノ酸がかつてないほどの濃縮率で配合されています。

 

 

 

アミノ酸が多くて燃焼効果が高いと言われている黒酢の45倍以上の量が配合されています。

 

アミノ酸は運動の30分から1時間程度前に摂取しておくようにすることで実際に運動している時に消費できるエネルギー量を高めることができるという特徴があるので、運動の予定がある場合はその30分くらい前には飲んでおくようにすることでその効果を最大限まで高めることができるようになります。

 

スッキリ博士のまとめ

酵素青汁111選の効果的な使い方ということで食前と運動前がおすすめということをお話してきました。

 

飲み方を何も意識せずに適当な時間にむよりもこうやってしっかり目的を持って、その目的に合わせた使い方をした方が得られる効果はより高いものとなります。

 

ちなみに1日に飲む個数は目安が2粒ということになっています。

 

 

 

なのでもし運動をされる時は運動前に1粒、そしてその日の夕食前に1粒といったように2粒を分けて飲むという使い方もいいですね。

 

そして運動はちょっとできない日などがあった場合は、夕食前に2粒でもいいですし、朝1粒、夜1粒といったように分けて使っても効果的です。

 

この辺りについては実際に使ってみて気に入った方で使っていくといいかと思います。

 

酵素青汁111選をスッキリ博士が使用して感じた効果レビュー


 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ