酵素青汁111選はいつ飲むのが最適?飲み方による効能の違い

酵素青汁111選はいつ飲むのが最適?飲み方による効能の違い

酵素青汁111選といえば青汁と酵素などの栄養素がギュッと凝縮されたダイエットサプリメントとして人気です。

 

 

 

1日2粒飲むだけで青汁37.8杯分の栄養素が摂取できるということで、野菜不足な生活を簡単にカバーすることが出来る上に野菜が持っている本来の強みである酵素のパワーを余すところなく実感することができます。

 

そんな酵素青汁111選ですが、飲むタイミングによって得られる効果に違いが出てくる可能性があります。

 

せっかく飲むのであれば一番効果が高いタイミングを見計らって飲んだほうが実感できる効果のレベルもある程度変わってくるので、ベストなタイミングで飲みたいところですよね。

 

酵素青汁111選の効果と口コミ体験談はこちら

 

酵素青汁111選はいつ飲むべき?

酵素青汁111選は薬品とは違ってサプリメントですので必ずいつ飲まないといけないというような決まりは特にありません。
ただし効果を最大限まで高めたい場合は、その高めたい効果と目的に合わせて飲むタイミングを決めていくようにしましょう。

 

 

野菜不足を解消させたい場合

主に栄養補給を目的として野菜不足などを解消させたいというのが目的の場合は、朝起きた後すぐに2粒まとめて飲むのがオススメです。

 

睡眠中は思いの外エネルギーを消費しているものですので、朝起きた時は体が酵素青汁などの栄養素を吸収しやすい状態になっています。
なので冷えた水で酵素青汁111選をグイッと飲むようにすれば野菜の栄養素が体内の隅々まで行き渡るようになります。

 

ダイエット目的で飲む場合

酵素青汁111選のダイエット効果を最大限にまで高めたいという場合は食事前に飲むのが最適です。特に食事前の空腹時に食物繊維たっぷりの酵素青汁を飲むと満腹中枢が適度に刺激されるので過食を防ぐことが出来るようになります。
また青汁成分によって血糖値の上昇が緩和されるので食べても太りにくい状態となります。

 

 

 

1日2粒目安なので、朝食前に1粒、夕食前に1粒といった使い分けでもいいですし、夕食がいつも多く鳴ってしまうという場合は夕食前に2粒というように使い分けて飲むようにするのが理想的ですね。

 

2粒の使い分けについては自身の生活スタイルに合わせて使うようにして行けば大丈夫です。

 

便秘の解消が目的の場合

もし現状便秘によって悩んでいてそれを酵素青汁111選の効能で緩和させたいとか、一気に便秘を解消させたいという目的がある場合は、就寝前に2粒飲むのが効果的です。

 

ちょうど寝ている間に酵素が腸内環境を整えてくれるようになるので、朝起きた時にお通じがスッキリするようになります。
ただし、酵素青汁111選には食物繊維も配合されているので、寝ている間に腸が動く場合があり、それが原因でなかなか寝つけない人もでてくるかもしれません。

 

もし睡眠時に気分が悪くなるようなことがある場合は、飲む時間を少し早めるなどして調整していきましょう。

 

スッキリ博士のまとめ

いかがでしたでしょうか。
酵素青汁111選はサプリメントといえども、その枠に留まらないほどたくさんの栄養素が入っているので、飲み方一つで効果も大きく違ってきます。自分の目的に合わせていつ飲むのが適しているのか大体理解できたと思います。

 

後は毎日コンスタントに飲み続けるということでしっかり自分の習慣として取り入れるようにしていけば、自ずと期待どおりかそれ以上の効果が実感できるようになります。

 

 

※スッキリ博士の効果レビュー記事はこちら

 

※トクトクコース詳細はこちら

 

 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ