青汁ジュレが粉末青汁よりも優れている理由とは?

青汁ジュレが粉末青汁よりも優れている理由とは?

 

 
青汁ジュレというジャンルがここ最近は定着しつつありますが、今まで主流だった粉末青汁と比較した時に青汁ジュレのほうが優れているとされる理由も気になりますよね。

 

歴史があるのは圧倒的に粉末青汁であることはまず間違いないことなので、なぜ歴史がまだまだ浅いはずの青汁ジュレが優れているような記事が多くなっているのか疑問に感じる部分も確かにあります。

 

私もこれまで数え切れないほどの粉末青汁を飲んで来ましたが、青汁ジュレが流行してきて実際にジュレを食べて検証をしたりもしています。

 

食べてみて確かに青汁ジュレのほうが粉末青汁よりも優れていると感じられたポイントなどはいくつかあったのでそういった点についてもここで解説していこうと思います。

 

青汁ジュレと粉末青汁の違い

 

 

青汁ジュレと粉末青汁の最大の違いとも言えるのはやはり「水分に溶かさなくても良い」という点でしょう。流石に粉末青汁なのに水分に溶かさずに飲むというのは現実的ではありません。

 

粉末青汁は飲む前に必ず水か牛乳などの水分に溶かす必要があります。これは当たり前のことですし、溶かすからこそ普通に飲み物ととして飲んでいくことができるので本来はデメリットではありません。

 

しかし問題なのは段々と粉末を溶かすという作業が面倒に感じてくるという点です。面倒だと感じてくると次第に青汁を溶かして飲もうと思う気持ちが薄れてくるので今日は飲まなくて良いや・・・となってきます。さらに進行するともはや青汁を飲むという習慣が頭から消えて飲む飲まないすら考えなくなって放置するようになります。

 

極端な例ではありますが、これだと粉末青汁を買っても全く意味がないですよね。

 

青汁ジュレの場合は水分に溶かすという最大の手間がないので、面倒だと感じることもありません。ということは毎日ストレスなく続けることができるということになります。

 

目の前に青汁ジュレと粉末青汁があったらどっちを使う?

 

 

一つ問いかけをしてみたいのですが、もしあなたが青汁ジュレと粉末青汁の両方を同時に購入したとして、目の前にその両方がおいてあったらどっちを使うと思いますか?

 

イメージが着く方だったら間違いなく青汁ジュレの方に手が伸びるという結果に行き着くはずです。なぜなら青汁ジュレの場合は手を伸ばした後に必要な行動が圧倒的に少なくて楽ですからね。

 

青汁ジュレが楽なポイント
  • 水に溶かさなくていい
  • そのまま食べられる
  • 洗い物もしなくていい

 

これらの楽さを頭で瞬時に判断して青汁ジュレを選ぶ人が大多数だと思います。

 

実は私も最初は粉末青汁を毎日飲んでいましたが、結局溶かすのと洗うのが面倒になってきて今では青汁ジュレに切り替えています。

 

味の美味しさに違いがある

 

 

粉末青汁はどうしても未だにマズいというイメージが先行している部分はあると思います。最近は粉末青汁も昔よりはh飲みやすくなってきているものが増えていきていますが、それでも全体でみると美味しくない青汁が多いです。

 

フルーツ青汁などはフルーツの風味が先にくるので普通の粉末青汁のような青臭い感じがなくなってこれまでよりも美味しくなりました。しかしそれでも粉っぽい感じがあったり溶かす時にダマになってしまって気にあるなど問題点も多少はあります。

 

青汁ジュレにも種類が色々とあるので、味を気に入るかどうかは人のよると思いますが、少なくとも私が愛用している黒糖抹茶青汁寒天ジュレに関しては抹茶と黒糖風味がものすごく美味しくてまるで和菓子でも食べているかのような感覚で青汁成分を吸収することができます。

 

少なくとも粉末青汁で四苦八苦していたときよりも間違いなく青汁を飲むのが楽しくなりましたし、味の美味しさを楽しみながら健康管理ができるというところにメリットを感じることができました。

 

配合される成分にも違いがある

 

 

粉末青汁の場合は配合されている成分の種類はあまり多くないものがほとんどで、だいたいは大麦若葉とか明日葉などをメインとしているものが多いです。

 

大麦若葉も明日葉もビタミンやミネラルなどが豊富に含まれているので青汁としての健康効果は十分に得られるものとなっていますが、もう1歩踏み込んだ配合成分がほしいところでもあります。

 

青汁ジュレの場合はクマイザサなどの青汁成分をしっかり配合させていながらにして乳酸菌や食物繊維、酵素などお腹の調子を整える有効成分が多数配合されています。

 

ジュレという形状を作るために寒天が使用されていると寒天の中に含まれる水溶性食物繊維なども同時に摂取することができるので乳酸菌などと合わせてさらに腸内環境を良好に保つ事ができるようになります。

 

粉末青汁よりも配合されている成分の種類も量も多くなっているのが青汁ジュレの特徴でもあるのです。

 

価格は少し粉末青汁のほうが安い

全般的な話になりますが、粉末青汁の場合は安いものだと1ヶ月分でも1,000円前後で購入できるものもあるくらい価格は比較的安い物が多くなっています。

 

一応粉末青汁でも酵素青汁などのような配合されている成分が充実しているものだと3,000円から4,000円くらいの価格帯のものもあります。

 

青汁ジュレの場合は平均でも3,000円以上は普通にしますし、ものによっては1ヶ月分が4,000円から5,000円くらいするものもあります。粉末青汁と比較すると青汁ジュレのほうがやや高めの価格になっている事が多いです。

 

青汁ジュレは腹の足しになるから置き換えも楽

 

 

ダイエットをして早く痩せたい!という方についてはやはり置き換えダイエットをするのが最も早いです。青汁で置き換えダイエットをすることもできなくないですが、水分で置き換えをしても腹の足しにはあまりならないですよね。

 

結局空腹を長く我慢しないとならないのでストレスも溜まって長続きしない事が多くなります。

 

青汁ジュレの場合は寒天などが入っていてぷるぷるした食感などの楽しむことができるため、置き換えの負担がかなり少なくなります。しっかりジュレを食べている感覚はありますし、寒天は満足感もあるので腹持ちが良いというメリットもあります。

 

粉末青汁で置き換えに失敗してしまったという人でも青汁ジュレだったらより楽にストレスなく置き換えダイエットに挑戦することができます。

 

この記事のまとめ

今回は青汁ジュレと粉末青汁の違いや青汁ジュレのほうが優れているポイントなどをまとめてきました。

 

粉末青汁もしっかり継続することができるなら野菜不足をカバーできたり栄養バランスを整えることができるので健康に対するメリットはしっかりあります。

 

しかし青汁ジュレのほうが負担なく続けることができて、味や食感も楽しめるから続けるのが楽しくなるなど粉末青汁にはない利点があるという点が特徴的です。

 

いままで普通の青汁を飲んだことがあるけれどパッとしなかった方などは青汁ジュレを試してみるのもいいでしょう。

 

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリをを徹底比較したランキングです▲