葛の花減脂粒の正しい飲み方!ぽっこりお腹を解消する秘訣とは

葛の花減脂粒の正しい飲み方!ぽっこりお腹を解消する秘訣とは

 

 

葛の花イソフラボン配合のサプリとして人気のDMJえがお生活から販売されている葛の花減脂粒ですが、せっかく使うなら正しい飲み方で使っていきたいところですよね。

 

今回は葛の花減脂粒の効果を最大まで活用するために有効な正しい飲み方について徹底的にまとめてみました。

 

飲み方を工夫するだけでもぽっこりお腹を解消することも十分できるポテンシャルを持つサプリなので、参考にしていただければと思います。

 

葛の花サプリメントの総合比較ランキングはこちら

 

葛の花減脂粒の飲み方とポイント

葛の花減脂粒はさただのサプリメントだからと言って、適当に飲んでいては本来の効果が実感できない場合もあります。

 

そもそも葛の花減脂粒はただのサプリではなく消費者庁に届け出済みの機能性表示食品です。

 

なので適当に飲むよりもきちんと正しい飲み方を把握して使った方が間違いなく実感できる効果も高くなります。

 

1日3回に分けて飲む

 

 

まず葛の花減脂粒は1日に飲む個数が3粒と決まっています。

 

それ以上にたくさん飲んだからといって効果が大きくなるというわけではないので、メーカーが推奨している量は必ず守るようにしていく必要があります。

 

3粒飲むということで、1回に3粒まとめて飲んでしまう人も多いと思います。

 

やっぱりその方が手間がないですし、1日1回飲むだけなら精神的な負担も少ないですよね。

 

ただ、効果を優先するのであれば1日3回に分けて1粒ずつ飲んだ方がいいです。

 

3回だったら、一番ベストなのは朝ごはんの前、昼ごはんの前、そして夜ごはんの前ですね。

 

なぜ3回に分けた方が良いのかというと、食事前に飲むことによって食事と一緒に葛の花減脂粒を飲むことでサプリメントの成分としての吸収力を高めることができるからです。

 

また、葛の花イソフラボンの効果には脂肪を分解して燃焼するというものがあるので、食事に含まれている脂肪分などに対する作用もある程度期待できます。

 

食事の30分前が理想的

 

 

食時の直前に飲んでも効果がないわけではありませんが、食べものに含まれるような脂肪分に対する効果を少しでも期待するなら食事の30分前のタイミングが一番理想的です。

 

葛の花減脂粒を飲んでからサプリメントが溶けきって体内に葛の花減イソフラボンや黒酢もろみなどの有効成分が浸透するまでにはだいたい30分くらいの時間が必要です。

 

有効成分が溶けて浸透したタイミングで食べ物が入ってくると、その脂肪分などを効率よくカットできるようになります。

 

白湯で飲むとなお効果的

 

 

これもまた少し手間になるのですが、葛の花減脂粒を飲む時は普通の冷水で飲むよりも白湯で飲んだ方が効果が高まります。

 

白湯というのは水をヤカンなどで沸騰させて、少し時間を置いてぬるいくらいの温度になったものです。

 

電気ケトルなどがあれば、熱湯にした後そのまま10分くらい放置しておくとそのまま白湯として使うことができるので便利です。

 

熱湯でサプリを飲むと喉を火傷してしまうので、少し冷ましてから白湯の状態で飲むと冷水よりもサプリが溶けて浸透するのが早くなりす。

 

浸透力自体が高まるので、隅々まで成分が行き渡るようになり、ダイエット効果も高まるということです。

 

 

▲シボヘールの公式ページをチェック▲

 

焦ってたくさん飲むのはやめて下さい

 

 

一応注意喚起として言っておきますが、少しでも早く痩せてぽっこりお腹を解消したい!という思いがあったとしても規定量以上の葛の花減脂粒を飲んだりするのはやめておきましょう。

 

葛の花イソフラボンの摂取量は1日に35mgが適正と決まっていて、それを摂取し続けることでお腹の脂肪が落ちるということが臨床試験でも実証されています。

 

それ以上に多く飲んでも無駄にコストが高くなるだけですし、過剰摂取による副作用や胃への負担も強まってしまいます。

 

サプリメントを溶かすには胃から分泌される胃液が使われることになるので、胃液がたくさん分泌されすぎると胃酸過多などの症状が出ないとも限りません。

 

ケチっても効果は出ません

少しでも安く済ませたい・・・という思いからかケチって1日に1粒しか葛の花減脂粒を飲まないような人も必ず出てくると思います。

 

どんなダイエットサプリでもケチって規定量以下の個数しか飲まなかったりしていると期待しているような効果は得られません。

 

面倒でも3粒は絶対に飲むようにして下さい。

 

葛の花減脂粒はそこまで体に負担をかけるサプリではないので、3粒飲んでも副作用の心配もありません。

 

そもそも葛の花減脂粒を1日1粒で飲んでも定期で翌月また1袋届くのでサプリを余すことになるので勿体ないです。

 

この記事のまとめ

 

 

今回は葛の花減脂粒の効果を最大まで高める正しい飲み方についてまとめてきました。

 

後半は注意喚起になってしまいましが、まずは最低でも1日3粒を3回に分けて続けることだけは守るようにして飲んで行きましょう。

 

葛の花減脂粒の効果が見た目に現れるくらいになるのは飲み始めてから2ヶ月後くらいからです。

 

3ヶ月後にはお腹の脂肪面積がマイナス20センチという結果が出ることが臨床試験でもわかっているので、それまでは忘れずに継続するようにしていくと良いでしょう。

 

実際に葛の花減脂粒を3ヶ月飲んだ口コミや評価をみてみる

 

全ての葛の花ダイエットサプリを徹底比較したランキングをチェック

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリをを徹底比較したランキングです▲