生酵素サプリで体調不良が起きる本当の理由とは?

生酵素サプリで体調不良が起きる本当の理由とは?

 

 

普通の酵素ではなく生酵素を取り入れてダイエットや美容に役立てていきたい!と考えている人も多いのではないでしょうか。

 

確かに生酵素サプリを飲むことで痩せる体質を手に入れるためには欠かすことのできない酵素を体内に増やして体質からしっかり改善していくことができるようになるのも事実です。

 

しかし中には生酵素サプリを飲むと体調不良が起きてしまうという方もいるようです。ここではなぜ本来はカラダに良い物であるはずの生酵素なのに摂取すると体調不良を起こしてしまう事があるのかという点についてまとめていこうと思います。

 

ほとんどの人は生酵素を飲んでも体調不良にはならない

生酵素サプリをこれから飲んでみようか迷っている方も多いと思いますので、最初に言っておきますが、基本的にはほとんどの人は生酵素を摂取しても体調不良を起こしてしまうことはありません

 

そもそも生酵素は何らかの病気などを治療するための薬ではなく、あくまでも一般的な食材を元にして作られている健康食品です。

 

なので、飲んで副作用などが起きてしまうということはほぼないというのが現状なのです。

 

8割から9割の人は生酵素を継続的に摂取することで健康にとってプラスになると考えられますので、よっぽど今までの生活の中で自分の体調が乱れやすいことがわかっている方でなければ心配する必要はほぼないです。

 

生酵素で体調不良になる理由

 

 

ほとんどの人が生酵素を摂取しても問題ないというのは事実ですが、少数ではあるものの実際に生酵素を摂取してから体調が悪くなってしまったという人もいます。

 

なぜ生酵素で体調が悪くなるのかその原因として考えられることは限られているので、ここでまとめてみました。

 

原材料の一部が体質に合わないものだった

生酵素サプリには野菜や野草、果物など100種類や200種類など非常に多くの種類の原材料が含まれています。

 

酵素としての原材料が多いことは良いことなのですが、原材料の種類が多いということはカラダに合わないかもしれない成分が含まれている確率が高くなるということでもあります。

 

食べ物アレルギーをたくさん持っている人だと野菜や果物などの中にもアレルギー反応がでてきてしまうものが含まれている場合があるはずです。

 

食べものアレルギーの症状の症状は人によって差があるのですが、大きく分類すると以下のような状態になる人が多いです。

 

  • かゆみや蕁麻疹、むくみ、発疹などの皮膚症状
  • 咳やくしゃみ、鼻水や鼻づまりなどの呼吸器症状
  • 目や口、舌などの違和感や腫れなど粘膜症状

 

アレルギーを持っている食べ物を食べてしまうとこうした症状が出てくることもありますし、これらに該当しない体調不良が出てくる場合もあります。

 

また、記載されている野菜や野草などの植物にはアレルギーがなかったとしてもサプリを製造する際に必要になってくる保存料や着色料などの食品添加物にアレルギーを持っている方もいます。

 

いずれにしてももし生酵素サプリを飲んでからアレルギーが出る場合は飲んでから30分後くらいからこうした症状が毎回出てくると思いますので、これらの条件に当てはまっていると感じた場合は今使っている生酵素サプリから別のものに変えた方が良いでしょう。

 

日本においては食品衛生法のもと、サプリメントの裏側には必ず原材料が表記されていますので、自分がアレルギーを持っているかもしれないものが含まれていないかどうか事前に必ずチェックしてから選ぶようにしていくのが良いですね。

 

常用薬との相性が悪かった

何らかの持病を持っていて、普段から毎日薬を常用しているという場合は、いきなり自分の判断で生酵素サプリを飲むのではなく先にかかりつけの医師に併用しても問題がないかどうかの確認をとるよういにしていくべきです。

 

この場合は生酵素だけを単独で摂取しても問題がなかったとしても、常用している薬との相性が悪くて体調を崩すリスクもあります。せっかく生酵素は生酵素でダイエットや健康に役立つものなのに、薬との相性の問題で効果が薄れたり逆効果になってしまっては意味がありません。

 

ちなみに一般的な話しになりますが、便秘薬や整腸剤などを使っている時に生酵素を摂取するとお互いの働きが相反してしまい下痢や嘔吐などの症状が出ることがあるので注意が必要です。

 

好転反応が起きていた

酵素ダイエットをしているとかなり高い確率で好転反応が出ると言われています。これはカラダの中に溜まっている毒素がではじめている証拠でもあるので、いつまでも好転反応が続いてしまうというわけではありません。

 

しかし、毒素が多いとその分だけ好転反応も激しくなる傾向にあるので、1週間程度ではあっても耐え難い頭痛や吐き気、めまいなどの体調不良に見舞われる事があります。

 

場合によっては生酵素サプリを飲んでから便秘になってしまったり、下痢をしてしまうなどおなかの調子が悪くなってしまう人もいるのですが、これも殆どの場合は好転反応であると考えられます。

 

好転反応が辛い場合は生酵素サプリを飲む個数を少し減らすなどして様子を見つつ、慣れてきた頃に普通の個数に戻して対応するのが良いでしょう。

 

代謝が活発になってガスが発生する

生酵素は普通の酵素よりもさらに代謝機能を活発にする働きがあるものなので、場合によっては代謝が活発になりすぎて腸内からガスが発生しやすくなることがあります。

 

ガスが増えるとおならが増えり、お腹が張ったりする事があるのでこの時点でもかなり不快感を感じているはずです。

 

これも最初の間だけ好転反応として出ている場合もありますが、生酵素サプリで代謝がアップしたことによって体内の水分が吸収されてしまい水分不足になっている場合もあります。

 

そのため、生酵素サプリを摂取する際には今までよりも1.5倍くらいの量の水分を補給するようにしていくと良いです。

 

生酵素で体調不良にならないために

 

 

生酵素サプリでダイエットをしようと思っていたのに、こんなに体調不良になる可能性があるなら辞めようかな・・・と感じてしまった人もいるかもしれませんね。

 

ただ、生酵素サプリを飲むメリットはそれ以上に多くあります。体調不良にならないための飲み方や選び方を意識しておけば生酵素の持つメリットだけをしっかり実感できるはずです。

 

添加物などが含まれない質の良い生酵素サプリを選ぶ

生酵素サプリもピンからキリまであるので、安くドラッグストアなどで売られている生酵素サプリだと質も値段相応なものが多いです。

 

健康のためにプラスにならない食品添加物などが多く含まれるものはなるべく避けていきたいところなので、まずはサプリメントを選ぶ前にはしっかり添加物の有無などを確認しておくのが良いです。

 

アレルギーを持つ食材が含まれない生酵素サプリを選ぶ

最初から特定の食べ物に対してアレルギーを持っていることがわかっている場合は食べてアレルギーが出る可能性がある原材料が含まれていないかという点だけは入念にチェックしておくべきです。

 

生酵素サプリにも選択肢が色々とあるので、もし気になっていた生酵素サプリに食品アレルギーが出る原材料が入っている場合は別のサプリを検討するのがいいですね。

 

ユーザーが多く口コミでも評価の高いサプリを選ぶ

あまり周りに使っている人がいないような生酵素サプリを選んでしまうと、使用実績が読めないので危険です。

 

体調不良をおこしたくないなら、すでにたくさんの人が実際に使っていて問題なくダイエットや美容などに役立てていることがわかっている実績ありの生酵素サプリを選ぶと確実です。

 

累計で800万個以上売り上げた実績がある生酵素222などは特に品質面などが安定していてユーザーの口コミ評価が高いものとなっているので、安全性を考慮して選ぶのには最適です。

 

この記事のまとめ

今回は生酵素サプリで体調不良が起きる理由や、体調不良を起こさないための生酵素サプリの選び方などをまとめてきました。

 

あくまでも生酵素サプリは健康を補助するためのものなので、実際使ってみても副作用や好転反応などで体調不良になることは殆どありません。

 

しかし心配性な人は注意しておくに越したことはないので、原材料をチェックしたり医師に相談するなどして万が一のトラブルも起こらないようにしてから飲むようにするのが良いでしょう。

 

1ヶ月継続して飲み続けて問題がなければそ後も問題が起きることはほぼないはずなので、まずは1袋飲んでから継続を検討してみると良いのではないでしょうか。

 

>>話題の生酵素サプリ「もっとすっきり生酵素」を飲んだ口コミ

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲