乳酸菌革命とビオフェルミンを比較!どっちを使うべき?

乳酸菌革命とビオフェルミンを比較!どっちを使うべき?

便秘や下痢になったり腸内にガスが溜まったりするような症状がでて、お腹の調子が悪い時に使用する薬やサプリとして乳酸菌が配合されているものを使用すると効果的だと言われています。

 

今回は乳酸菌サプリとして確固たる地位を確立している王道のサプリ乳酸菌革命と、整腸剤ビオフェルミンを直接比較してどちらを使うべきなのか検証していこうと思います。

 

ビオフェルミンの特徴

ビオフェルミンは基本的に下痢や食あたりの対策として使う薬となっています。特につらい腹痛を伴う下痢や軟便が続くような時にはビオフェルミンのフェーカリス菌末(乳酸菌)の整腸作用によって腸内菌のバランスを整えることが有効であると言われています。

 

 

 

便秘やガス溜まりに対する効果はほとんど期待できませんが、突発的な下痢を止める効果はあります。
実際どの程度の時間で効果が実感できるのかというと、服用から7時間〜12時間程度でたいていの場合は効果が感じられるようです。

 

半日もたたない間に症状が改善できると考えると即効性には優れているのではないでしょうか。

 

しかし、全ての人がそのくらいの時間で効果が実感できるというわけではなく、体質に合わない人は1週間以上使い続けても効果がないという人もいます。

 

ビオフェルミンは整腸薬でもあるので、頻繁に使用したり服用する量が多くなると副作用と思われる症状が出る場合もあります。
具体的には腸内で酢酸が発生し始めることに伴って腸の粘膜が刺激されて腹痛が起きるといったものになっています。

 

また、妊婦さんや授乳中の方はビオフェルミンの服用は控えて下さいということがメーカーからも明言されていますので妊娠中・授乳中の方は基本的には控えるようにする必要があります。

 

乳酸菌革命の特徴

乳酸菌革命はビオフェルミンとは違って薬ではな乳酸菌サプリという位置づけの商品になります。

 

サプリであるためビオフェルミンの時の注意点でもあったような副作用の心配は一切必要ありません。
また、妊娠中・授乳中であっても問題なく服用することが可能となっています。

 

乳酸菌革命を飲むことによって得られる効果は便秘の解消、下痢や腹痛とった症状の改善、ぽっこりお腹やガス溜まり体質の改善などのお腹周りの悩みを解消する効果に加えて、コレステロール値の減少やダイエット効果、アトピーなどのアレルギー対策などと多岐にわたる効果が期待できます。

 

 

 

乳酸菌革命の欠点としては大豆アレルギーを持っている人は飲めないということです。

 

実際にカプセルの中身の粉末を舐めてみたこともありますが、大豆風味がするのですが実際原材料となる成分を確認してみたところ大豆も使用されているとうことがわかりました。

 

大豆自体は普通の人にとっては全く害がないので安心して大丈夫ですが、アレルギーを持っている人は控えなければいけません。

 

スッキリ博士の総合評価

最終的にビオフェルミンと乳酸菌革命はどちらがおすすめかと言われますと、結論から言うと乳酸菌革命を使うことを推奨します。

 

ビオフェルミンが解消できる事象は乳酸菌革命でも解消することはができますが、逆に乳酸菌革命で解消できる症状でもビオフェルミンでは解消できないことがあります。

 

配合成分や乳酸菌の種類の多さが乳酸菌革命の方が多くなっているということもあり、用途の幅広さが全く違います。
下痢を今すぐ解消したいという用途だけであれば、即効性のあるビオフェルミンの方が有利ですが、それ以外の腸内トラブルについては乳酸菌革命を使用したほうが効率的に症状改善が出来るのではないかと思います。

 

乳酸菌革命の効果・レビュー記事をチェックする

 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ