お腹を凹ますダイエット呼吸法

呼吸を意識するだけお腹を凹ませるダイエット

ダイエットでどの部分を痩せたいかというアンケートで最も多いのは男性女性問わずに「お腹」です。
手や足のバランスと比べてお腹がぽっこりと出てしまうとどうしても気になってしまいます。

 

ピッタリフィットする洋服を着たいけれど、それを着てしまうとお腹のラインが周りに見え見えになってしまうから着られない。
そんなお悩みを持っている方は非常に多いのではないでしょうか。

 

食生活や運動ももちろん非常に大事であることに変わりはないのですが、実は「呼吸」を意識してあげるという方法でお腹回りのたるみを改善してあげることも出来るんです。

 

嫌で嫌で仕方のないぽっこりお腹とおさらばするために、呼吸も意識してみてはいかがでしょうか。

 

呼吸を深くしてみよう

呼吸を深くしてみるというのは、近頃話題になっている「呼吸法ダイエット」などでもよく言われていることです。
日常生活で呼吸を意識するかどうかでそのダイエットの効果はかなり違ってきます。

 

とはいえいきなり意識して深い呼吸をすることができるのはよほど器用な方だけかと思います。
まずは焦らないで少しづつ決まった時間でも大丈夫なので身体にその呼吸のリズムを教えてあげる期間を作ってみると慣れやすいです。

 

慣れてきたころに今度は時間を伸ばしていくようにしていきましょう。
その時間を延ばすほど腹筋に対する効果が目に見えて現れてくるようになります。

 

とはいえ、そんな呼吸くらいで本当に効果があるのかな?と思う方もいると思います。まだ一度も試したことがないのであればまずは5分程度でも構いませんので、深い呼吸を意識的に繰り返してみるようにして下さい。

 

恐らくしっかり深い呼吸が出来ているなら5分間だったとしても、思った以上に腹筋に疲労感を感じることが出来ると思います。ポイントは思い切り吸って、吐き出すことです。
案外やってみると楽しくなってきますので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

噂のドローイン法の効果

上で紹介している「深い呼吸」と似ている個所もありますが、さらに短期間の間で成果を出したい!とか夏までには痩せたいんだ!と言ったような明確な目標を持って取り組むならドローイン法も効果的です。
英語で表記すると(draw in)となり、日本語では息を吸う・引っこめるという意味になります。

 

やり方はシンプルです。常にお腹を凹ませている状態でそのまま腹式呼吸をするようなイメージです。
立っている状態か、あお向けになって寝そべった状態で足を骨盤の幅くらいまで広げます。
そして膝は約90度くらいに曲げてみるととてもやりやすくなります。

 

  1. 背筋をしっかりと伸ばして、むねを張ります。そのままゆっくりと大きく息を吸い込んだら同時にお腹も凹ませます。
  2. たくさん吸い込んだ良きを少しづつ吐き出して、さらにお腹を凹ませます。その際、肛門を締めるようにしてお尻に力を入れるとさらに効果的です。
  3. お腹を凹ませつづも浅く長い呼吸を続けて、大体15秒程度お腹を凹ませる状態を維持します。

 

やり方の流れとしては以上となりますので、あとはその維持する時間を自分の慣れに合わせて30~40秒と少しづつ延長していくとなおいいです。

 

この方法の最大のメリットともいえるのは「どのような姿勢」でも実践することが可能ということです。
物理的な筋力トレーニングでも鍛えにくいインナーマッスルの一種である腹横筋を鍛えることが出来ますのでお腹回りのサイズをダウンさせる効果があります。またお腹回りを引き締めるだけにとどまらずに腰痛などの症状を和らげる効果も期待が出来ます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加