体重が減らない!ダイエットの停滞期を脱出するための3つのポイント

体重が減らない!ダイエットの停滞期を脱出するための3つのポイント

体重が減らない!ダイエットの停滞期を脱出するための3つのポイント

ダイエットをはじめて最初の1ヶ月くらいは比較的順調にダイエットの成果がでて2〜3キロは簡単に痩せることが出来たのに、その後は同じように食事量で運動もしているにも関わらずピタッと体重が減らなくなってしまった。そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

その状態はダイエット停滞期と呼ばれるもので、どのダイエッターでも停滞期に突入する可能性はあります。

 

スッキリ博士の失敗談

 

ではここで一つスッキリ博士の失敗談をお話します。
これまでに何年もかけて何度もダイエットに成功したり失敗したり繰り返してきた経験上、もちろん私もダイエット停滞期は経験済みです。

 

私が失敗した時は、主に食事制限ダイエットをしており、やはり最初は4キロほど難なく落とすことが出来ました。しかし目標は10キロの減量だったため、まだまだダイエットは続ける必要がありました。

 

しかしダイエット停滞期に突入した時、私は1ヶ月くらいは何とか同じような食生活を続けました。しかし減らないどころか逆にお腹が出てくるようになったのです。

 

その時はもう精神的にかなり辛いものがあって、結局その食事制限もしばらくしてから自然とやめてしまい、数ヶ月で元の体重に戻ってしまいました。

 

 

どうやってダイエット停滞期を脱出すればいい?

頑張って食べたいものを食べないようにして自分の食欲を制限しているにもかかわらず、一向に成果が見えてこないとなると少しづつ精神的にもつらくなってきます。この時にどういう行動をするかでその後ダイエットに成功するかどうかの結果も大きく変わってきます。

 

ダイエット停滞期になる原因を突き止める

炭水化物や油物の料理を控えて、野菜を多めにしたり、甘い飲み物を飲まずに水だけしか飲まないといったような食生活に変えると体は正直に反応して、ダイエットを初めたばかりであれば体重がある程度までは落ちます。

 

もちろん、取り組む人の体質によるところもありますが、1ヶ月くらいそのような生活を続けて、数キロ程度痩せたころから、ホメオスタシスという体内の機能が反応するようになってきます。

 

・ホメオスタシスとは
ホメオスタシスというのは生き物が外部の環境や食べ物の変化によって影響があるにもかかわらず、体温、血糖値、血液酸性度など一定に保つ仕組みを言います。簡単に言ってしまうと体の危機管理システムのようなもので、命の危険を回避しようと食べたものの吸収率をあげて、カロリーの消費量を下げて、体重が減るのを防ごうとしてしまう役割を果たしてしまいます。

 

みんなダイエットしてから2ヶ月目くらいから全く体重がかわらないと悩み始める原因はこのホメオスタシスにあると言えます。

 

ホメオスタシスによって体重が減らなくなったらどうする?

この時に焦ったり、ストレスがたまってしまうのはよくわかりますが、一番大事なのはそこまで続けてきた習慣を保つことです。

 

今まで数ヶ月続けてきたダイエットをするための食事と、運動量を維持して下さい。そして、間違っても減らないからと更に減らしたり、運動量を更に極端に増やしてしまっては行けません。

 

ダイエットにおける極端な行動は必ずあとでリバウンドとしてつけが返ってきます。

 

停滞期はそのまま1ヶ月程度は続くことが予想されますので、減らないと思ってもしばらく様子を見て下さい。
また年齢が高いほど代謝は低くなるため、停滞期も長く続く場合が多くなりまっす。停滞期は辛抱していれば抜けることが出来ますので、ここで諦めないようにしましょう。

 

体重が減らない時に気持ちを強く持つには

とは言っても1ヶ月も同じダイエット食で、運動も続けているのに痩せないとなると辛いはずです。

 

そういう時はダイエットをサポートしてくれるグッズに頼るのもひとつの手ではないかと思います。
ダイエットは自分一人で何の武器も持たずにやらなければいけないわけではありません。時にはサポートしてくれうるサプリやグッズなどを活用していきましょう。

 

食事制限で空腹が辛いと感じるなら空腹を紛らわして食欲を抑制して空腹を感じにくくできるサプリもあります。

 

また、時には「今日だけはいいよね?」と少しだけ普通に食べたい時もあるでしょうから、そういう時のために食べ物の吸収を抑えてくれるサプリもあります。

 

サプリに頼ってたとしても、停滞期の辛さからダイエット自体を挫折するよりははるかに良いはずです。

 

スッキリ博士の総まとめ

いかがでしたでしょうか。ダイエットの停滞期は本当につらいですが、諦めないで現状維持に努めることで、基本的には停滞期は抜けることが出来ます。停滞期かな?と感じたらまずは焦らず落ち着いて今まで通りにダイエットを続けましょう。

 

 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ

 

 

 

関連ページ

ぽっこりお腹の原因と男女差
ぽっこりお腹と筋トレの効果
ぽっこりお腹は病気なの?
ぽっこりお腹解消!脂肪を削ぎ落とす方法
男なのにお腹がパンパンに張るのはなぜ?
ダイエットを先延ばしにしてしまう自分を変える!
ダイエットのやる気が続かない!
楽して痩せるための3つの秘密!
健康的に痩せるための3つのポイント
若い男性のぽっこりお腹を解消
肥満の予防になる食生活とは?
ながらダイエットでぽっこりお腹を解消する方法とは?
お腹のたるみ取るための必勝法!
炭水化物を食べ過ぎた時の3つの対処方法
お腹に溜まったガスが下腹ぽっこりの原因に?
ウェストの膨らみや違和感を感じる理由はお腹のガスが理由?
お腹にガスがずっと溜まっていると太りやすく痩せにくい体になる?
ガス腹を治す治療法と対処法まとめ
お腹に段差ができて取れない原因とは?簡単に解決するポイント
胃がムカムカしてお腹が張る原因と対処法
ズボンが入らない!ぽっこりウエストになった原因とは?
ズボンが入らなくなった時に実践したダイエット方法!
腹回りが太くなってズボンがはけない時に食事療法で改善する方法
リンゴ型の下腹ぽっこり肥満に適したダイエット方法とは?
ビール腹を解消するダイエットにおける3つの鉄則
腹筋ローラーを使っても腹筋が割れない本当の理由と?
お腹周りの脂肪を落とす!運動&サプリの強力な合わせ技
お腹周りダイエットに最適な痩せる食事まとめ-保存版-
お腹周りの肉を落としたい!簡単にお腹を引き締める方法は?
胸の筋肉が落ちて脂肪に変わってお腹周りに移動するという噂について
ダイエット器具を使えばお腹周りの部分痩せは可能なの?
痩せ型なのに下腹ぽっこり張る原因と3つの解消法
コーラックは毎日飲むとお腹が張る?飲み過ぎは注意が必要?
ぽっこりお腹をへこませたい!効率よくお腹をへこます栄養素とは?
ぽっこりお腹はEMSベルトで凹ますことはできるの?
ぽっこりお腹引き締めるため準備として必要な3つのポイント
胃酸過多と腹部膨満感の関係性とは?改善するために必要なこと
肥満を回避するために高い基礎代謝を維持するにはどうすべき?
なぜ腹筋をしてもお腹の脂肪が落ちない?腹筋の上の脂肪の落とし方!
ポッコリお腹は糖尿病になりやすい?今すぐ安全に解消する方法
消化不良が腹部膨満感の原因に?速やかに解消するための心得
お腹周りの肉を落としたい!厄介な贅肉は体質からの改善で落とす
お腹だけが異常に出てるぽっこりを解消するには?
プロテインを飲むとお腹が出る!?適切な対処法は?
お腹の真ん中の肉がタポタポするのが気になる時の対処法
「腸活」成功の秘訣は乳酸菌の摂り方にアリ
皮下脂肪を落とすことができる脂肪燃焼サプリとは?
お腹が突き出るほど太っている状態を解消するには?
肥満体型は頭痛のを誘発する?高血圧を改善してコントロールしよう
メタボウエストを今すぐ解消!サプリを使った楽痩せダイエットとは?
ダイエットによる皮余り問題を解消するには?
お腹の張り具合が日によって違うのが気になる!原因を解明しました
お腹の張りで息苦しい!症状を改善するためのポイントとは?
少し食べただけでお腹が出るのが嫌!体質から変えるメソッド
ブスコパンの常用は副作用の危険性が!?
胃がぽっこり出ているのは病気?気になる症状の改善策とは
食べてないのに胃が出るのはなぜ?知らないと怖い真相とは
ブスコパンは市販されてる?薬局などでは売ってないの?
太りすぎて苦しい!泣きたいほどヤバイ肥満を早く改善するには?
アサヒ凹茶でお腹の脂肪は減る?飲む価値はあるか検証レビュー
異所性脂肪が溜まる原因といますぐ減らす具体的な対処法は
ビール飲まないのにビール腹になるのはなぜ?解消する方法とは
内臓脂肪は病気の原因に?早めに落としてリスクを回避する方法
お腹痛いのに出ない!腹痛トラブルを解決する方法とは

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 燃焼系サプリ比較ランキング お腹に効く漢方薬比較ランキング 食欲&カロリーカットサプリ