内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?両方落とす方法はあるのか

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?両方落とす方法はあるのか

 

 

ズボンがキツくてパツパツになっていたり、鏡で自分を見た時にお腹が段になっているような状態になっている人は内臓脂肪と皮下脂肪がそのポッコリお腹の原因として考えられます。

 

内臓脂肪だけが多い人もいれば皮下脂肪だけが多い人もいます。またもちろん内臓脂肪も皮下脂肪も両方とも多い状態になっているという人もいます。

 

どちらか一方が多いだけでもウエスト周囲径に影響してきてしまいますし、健康診断の結果に悪い影響を与えてしまう要素でもあるのでできることならダイエットをして両方とも減らすに越したことはありません。

 

ここでは内臓脂肪と皮下脂肪の違いや、それぞれが多くなってしまう原因についてチェックしながらどうすれば効果的に両方を落としていくことができるのか?という所も解説していこうと思います。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

どっちも同じ脂肪なのですが、この2つの脂肪には明確な違いがあります。違いがあるということは落とし方や落ちるまでにかかる時間なども異なるわけなので具体的に何が違うのかしっかりチェックしていきましょう。

 

内臓脂肪とは?

まずは内臓脂肪とはなぞや?という所からわかりやすく解説していきます。

 

内蔵脂肪はその名の通りなのですが内蔵についてしまった脂肪のことです。

 

健康で肥満ではない人だったら内蔵周りにあまり脂肪が蓄積することはないのですが、食生活が乱れていたり運動不足が続いている方などは知らず知らずのうちに恐ろしいくらいに内臓脂肪が溜まっている場合もあります。

 

内蔵脂肪は女性と比較すると男性のほうが付きやすいと言われています。一般的な話しになるのですが男性の方が女性よりも筋肉量が多いので、エネルギーを確保する目的で内蔵に脂肪をためやすい性質があるからです。また、男性ホルモンの量も内臓脂肪のつきやすさに影響していると言われています。

 

内臓脂肪は硬いのでお腹がポッコリ張っていても指でムニュっとつまむことはできません。つまめないくらい硬いお腹なのに張っている方は内臓脂肪だけが多い状態と考えられます。

 

皮下脂肪とは?

皮下脂肪は内臓脂肪とは違って皮膚の下に溜まっている脂肪のことです。

 

お腹の下の方とか太ももや二の腕の辺などは特に皮下脂肪が付きやすい部位なのでムニュッと指でつまむことができる部分があると思います。皮膚そのものや筋肉とは違って柔らかくて弾力がある脂肪がついているように感じる部分があればそれが皮下脂肪となります。

 

皮下脂肪については内臓脂肪とは別で男性よりも女性の方がつきやすい傾向にあります。これについては女性が将来的に妊娠や出産をする可能性があるため子宮や卵巣・お腹まわりを外敵から保護する必要性があるので皮下脂肪が溜まりやすくなっていると世間的には言われています。

 

男性でも皮下脂肪がついてしまうケースは普通にありますし、最近だとバランスよく両方ともたくさん蓄えてしまう人も多いのも事実です。

 

体脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪を合わせたもの

体脂肪率が何%だった!と計測してあまりの高さにショックを受けたことがある人もいると思います。

 

実はこの体脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪をかけ合わせた数値の総称です。

 

身体のどこに脂肪がついているか?と言う部分はおいておいて体中全てについている脂肪をまとめた数値が体脂肪ということになるのは覚えておいたほうがいいです。

 

体脂肪そのものを減らす方法まとめ

 

内臓脂肪や皮下脂肪が多い事によるリスク

 

 

内臓脂肪や皮下脂肪が多くても結局そのままにしている人が多いです。

 

肥満体型を受け入れてその体型に変に自信を持ってしまっている人などは危険信号だということを理解したほうがいいです。

 

特に内臓脂肪が多いと血液の流れを阻害してしまうこともあるので重い病気に進展してしまう可能性が高くなっています。いわゆる「生活習慣病」というやつです。

 

こんな生活習慣病に注意
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 高脂血症
  • 脂肪肝

 

などなど。

 

私も30代に入った時に年に1度の健康診断で内臓脂肪が多くて脂肪肝になっています。と診断されてショックを受けた経験があります。今はまだ生活に支障がないかもしれないけどこのまま年をとったらヤバイよ?と軽く医師から脅されて1年かけて10キロは痩せましょうとダイエットを勧められたことを今でも覚えています。

 

ダイエットの大変さ知っているので1年で10キロは相当きついとわかっていたのですが、このままにしておくと早死にしてしまうと感じて本格的なダイエットに挑戦したという経緯もあります。

 

誰だってこういったリスクがあることは嫌だと思いますので、内臓脂肪や皮下脂肪が多いことがわかっているならできることから取り入れて1年かけて落とすくらいの気持ちで取り組んでみるのがいいです。

 

内臓脂肪と皮下脂肪を両方落とす方法

それではここからは実際に内臓脂肪も皮下脂肪も落としていく方法についてまとめていきます。

 

私も1年かけて内臓脂肪・皮下脂肪レベルを落とした経験があるのでその時の失敗と成功も活かした方法をお伝えしていきますね。

 

食生活の改善

まず食生活については一気に改善するのは難しいかもしれませんが、できる限り脂肪を減らしたメニューに調整するのが望ましいですね。

 

  • 揚げ物
  • 肉料理
  • アルコール
  • 甘いもの
  • ご飯などの炭水化物

 

こうしたものはどれも内臓脂肪が溜まってしまう原因となります。野菜ばかりを食べればいいというわけではないですが、魚やみそ汁、納豆や豆腐などのヘルシーな料理で済ませる日もなるべく作っていって休肝日を作っていくのがいいですね。

 

もし上記のような脂肪を溜め込む原因となる食生活を現在送っているならばまずはそこを少しずつ改善していく必要はあります。

 

有酸素運動

有酸素運動はやはり内臓脂肪や皮下脂肪を減らしていくためにも積極的に行うべきです。有酸素運動と言っても内臓脂肪などを効率よく減らしていきたいなら腹部に効く脂肪の減らし方を実践してみるのがいいです。

 

内臓脂肪・皮下脂肪に効く有酸素運動
  • ドローイン
  • ウォーキング
  • スロージョギング
  • ランニング
  • 踏み台昇降運動
  • スクワット
  • エアロバイク

ドローインについてはやり方を知っている人でないと想像がつきにくいかもしれませんが、それ以外の有酸素運動は誰でも知っているものばかりだと思います。

 

できることなら外でウォーキングをしたりスロージョギングなどを行うのが理想ですが、天候が悪かったり時間が取れないような場合は自宅で踏み台昇降運動やスクワットなどを20分くらいを目安に行ってみるのもいいですね。

 

エアロバイクは最初に購入する費用がかかるのと設置する場所を取るのがデメリットですが、一度設置すれば有酸素運動がかなり楽で捗る様になるので個人的におすすめです。

 

腸内フローラを整える

腸内フローラという言葉も最近だとテレビとか雑誌でよくみるようになったので詳しく理解していなくても聞いたことがあるというくらいの人は結構多いのではないでしょうか。

 

腸内フローラについての詳しい内容については「腸内フローラとダイエットの関係性」の記事内で解説をしていますが、実は内臓脂肪を減らすためには腸内フローラを整えることが非常に重要であると言われています。

 

腸内にはたくさんの細菌が住んでいて良い細菌(善玉菌)や悪い細菌(悪玉菌)、さらにどっちづかずの細菌(日和見菌)などが混在しています。そのバランスが悪い細菌に偏っていると食べ物の消化や吸収の効率が悪くなったり脂質代謝が低下するので内臓脂肪や皮下脂肪が蓄積されやすい状態となってしまいます。

 

逆に良い細菌(善玉菌)が7割くらいに増えた状態になると悪い細菌が腸内で悪事を働くことができなくなるので食べ物の消化や吸収、排出に腸の余力をしっかり割くことができるので内臓脂肪などが溜まりにくくなっていきます。

 

腸内フローラの改善で肥満を防止

 

腹筋でインナーマッスルを鍛える

腹筋を毎日行ってインナーマッスルを鍛えるというのは内臓脂肪をつきにくくするのに有効です。

 

腹筋運動をするだけでは内蔵脂肪は落ちませんが、腹筋がある程度鍛えられた状態でないとちょっと油断しただけですぐに内蔵脂肪がついてしまいます。

 

内臓脂肪を減らすだけなら有酸素運動の方が間違いなく高い効果が発揮されるのですが、有酸素運動に加えて腹筋も鍛えるようにすることで落ちた内臓脂肪が再びついてしまうことを防ぐ事ができます。

 

ただ腹筋運動をするのってなぜだかかなり面倒で億劫に感じることってないでしょうか。床に寝そべって運動をするのがすごく手間なんですよね。

 

もし毎日50回とか100回とか腹筋をするのはちょっと無理かも・・・という方はSIXPADなどのEMSベルトを利用して寝ながらにして腹筋を鍛えるという方法もあるので検討してみるといいかもしれません。

 

サプリメントを取り入れる

最も手軽で最も変化がわかりやすい対策方法と言えるのがサプリメントを使った対処法です。

 

内臓脂肪も皮下脂肪も両方落としていきたい場合は両方を落とせるサプリでなければ行けません。

 

数年前まではそんな都合のいいサプリメントはなかったのですが、ここ最近は機能性表示食品として内蔵脂肪も皮下脂肪も落とす事ができる葛の花由来イソフラボンという成分を配合しているサプリメントが人気になっています。

 

2ヶ月で10c㎡前後の脂肪が落ちて、3ヶ月で20c㎡前後の脂肪が腹部から消えるという臨床試験データも出ているくらいなのでかなり分かりやすい効果があります。

 

難点は続けないと効果が得られないという部分で、数週間とか1ヶ月程度だと変化が見られません。最低でも2ヶ月以上続けることができるなら葛の花由来イソフラボンを配合しているサプリメントを使った対策をしてみるのもいいでしょう。

 

内臓脂肪・皮下脂肪に効くシボヘールの体験談

 

この記事のまとめ

今回は内臓脂肪と皮下脂肪の違い。そして両方を落とすための対策についてまとめてきました。

 

今までストレスのないライフスタイルを送っていた結果として内臓脂肪が溜まっているという場合は生活習慣を大きく変えていかないと内臓脂肪を落とすのは難しい所があります。ただ、難しいからといって何も対策をしないでいるとリスクがあるというのはこの記事でもお伝えしている通りです。

 

いきなり180度ガラッと生活習慣を変える必要まではないので、少しずつ今の自分にできる所から対策をしていくのが理想的です。

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲

 

関連ページ

ぽっこりお腹の原因と男女とは?男女別の改善方法まとめ!
ぽっこりお腹と筋トレの効果
ぽっこりお腹は病気なの?
ぽっこりお腹解消!脂肪を削ぎ落とす方法
男なのにお腹がパンパンに張るのはなぜ?
ダイエットを先延ばしにしてしまう自分を変える!
ダイエットのやる気が続かない!
楽して痩せるための3つの秘密!
健康的に痩せるための3つのポイント
若い男性のぽっこりお腹を解消
肥満の予防になる食生活とは?
「ながらダイエット」でお腹痩せ!日常を利用したダイエットのコツ
ダイエットの停滞期を脱出する方法
お腹のたるみを取るための必勝法!誰でも簡単に実践できる5選
炭水化物を食べ過ぎた時の3つの対処方法
お腹に溜まったガスが下腹ぽっこりの原因に?
ウェストの膨らみや違和感を感じる理由はお腹のガスが理由?
お腹にガスがずっと溜まっていると太りやすく痩せにくい体になる?
ガス腹を治す治療法と対処法まとめ
お腹に段差ができて取れない原因とは?簡単に解決するポイント
胃がムカムカしてお腹が張る原因と対処法
ズボンが入らない!ぽっこりウエストになった原因とは?
ズボンが入らなくなった時に実践したダイエット方法!
腹回りが太くなってズボンがはけない時に食事療法で改善する方法
リンゴ型の下腹ぽっこり肥満に適したダイエット方法とは?
ビール腹を解消するダイエットにおける3つの鉄則
腹筋ローラーを使っても腹筋が割れない本当の理由と?
お腹が痩せる運動!サプリを使った裏技で楽ちんダイエット
お腹周りダイエットに最適な痩せる食事まとめ-保存版-
お腹周りの肉を落としたい!簡単にお腹を引き締める方法は?
胸の筋肉が落ちて脂肪に変わってお腹周りに移動するという噂について
ダイエット器具を使えばお腹周りの部分痩せは可能なの?
痩せ型なのに下腹ぽっこり張る原因と3つの解消法
コーラックは毎日飲むとお腹が張る?飲み過ぎは注意が必要?
ぽっこりお腹をへこませたい!効率よくお腹をへこます栄養素とは?
ぽっこりお腹はEMSベルトで凹ますことはできるの?
ぽっこりお腹引き締めるため準備として必要な3つのポイント
胃酸過多と腹部膨満感の関係性とは?改善するために必要なこと
肥満を回避するために高い基礎代謝を維持するにはどうすべき?
なぜ腹筋をしてもお腹の脂肪が落ちない?腹筋の上の脂肪の落とし方!
ポッコリお腹は糖尿病になりやすい?今すぐ安全に解消する方法
消化不良が腹部膨満感の原因に?速やかに解消するための心得
お腹周りの肉を落としたい!厄介な贅肉は体質からの改善で落とす
お腹だけが異常に出てるぽっこりを解消するには?
プロテインを飲むとお腹が出る!?適切な対処法は?
お腹の真ん中の肉がタポタポするのが気になる時の対処法
腸活には乳酸菌サプリが効果的!摂取方法や選び方を解説
皮下脂肪を落とすことができる脂肪燃焼サプリとは?
お腹が突き出るほど太っている状態を解消するには?
肥満体型は頭痛のを誘発する?高血圧を改善してコントロールしよう
メタボウエストを今すぐ解消!サプリを使った楽痩せダイエットとは?
ダイエットによる皮余り問題を解消するには?
お腹の張り具合が日によって違うのが気になる!原因を解明しました
お腹の張りで息苦しい!症状を改善するためのポイントとは?
少し食べただけでお腹が出るのが嫌!体質から変えるメソッド
ブスコパンの常用は副作用の危険性が!?
胃がぽっこり出ているのは病気?気になる症状の改善策とは
食べてないのに胃が出るのはなぜ?知らないと怖い真相とは
ブスコパンは市販されてる?薬局などでは売ってないの?
太りすぎて苦しい!泣きたいほどヤバイ肥満を早く改善するには?
アサヒ凹茶でお腹の脂肪は減る?飲む価値はあるか検証レビュー
異所性脂肪が溜まる原因といますぐ減らす具体的な対処法は
ビール飲まないのにビール腹になるのはなぜ?解消する方法とは
内臓脂肪は病気の原因に?早めに落としてリスクを回避する方法
お腹痛いのに出ない!腹痛トラブルを解決する方法とは
横っ腹の脂肪を落とすために最も効果的なダイエット方法6選
下半身太りに効果的な薬とは?漢方が効果的な理由