お腹のたるみを取るための必勝法!誰でも簡単に実践できる5選

お腹のたるみを取るための必勝法!誰でも簡単に実践できる5選

女性も男性もお腹のたるみはとても気になることかと思います。ぽっこりお腹とたるんだお腹はまた別物です。

 

とくに女性は産後にお腹がたるんでダルダルになってしまい、なかなか元に戻せない…と苦労する人も多いです。

 

お腹がたるんだままだと自分も気になりますし、誰かにお腹を見られるのが恥ずかしくなるなど悩みがさらに増えてしまいます。

 

ここではお腹のたるみ取るために役立つ方法をご紹介していきます。

 

お腹がたるんだ原因を知る

生活や習慣などに全く問題がないのにお腹がたるんでしまうことは基本的にありません。

 

もともとは普通の体型だったのに、今のお腹がたるんでいるのなら痩せていた時期から今に至るまでの生活に問題があったとみて間違いはないでしょう。

 

では具体的になにが原因でお腹がたるんでしまうのかよくある事例をピックアップしてみました。

 

運動不足により筋肉が衰えた

運動が不足している人はお腹がたるみやすい傾向にあります。

 

1日に消費できるエネルギーは限られているのに、運動量が少ないと消費エネルギーが少なくなるため消費エネルギー量よりも食事でとった摂取エネルギーが多い状態になります。

 

余分なエネルギーは脂肪となってお腹周りに溜まるようになるためお腹のたるみを引き起こす原因となります。

 

ちなみに運動不足は顔のたるみの原因にもなると言われています。これは深刻な運動不足の影響で体の中にコラーゲンが作られる量が減るため血行が悪くなって肌にハリがなくなるからです。

 

軽い運動でも良いので日常的に続けられる運動を生活習慣の一つとするのがたるみ解消への近道です。

 

加齢により基礎代謝が落ちた

人間ですから年をとるとだんだん基礎代謝は落ちてきます。

 

加齢によって筋力も衰え、コラーゲンやエラスチンなどが減少すると皮膚の弾力がなくなって体がたるむようになってきます。

 

年をとること自体を避けることはできないので、加齢による影響をエイジングケアなどで避けるようにしていく必要があります。

 

栄養の偏りによってお通じが悪くなった

最近お通じがあまり良くない…と感じている方は普段から食べているものの栄養が偏っていたりしませんか?

 

とくに乳酸菌や食物繊維など腸内環境を整えるために必要な栄養素が不足していると、お通じが悪くなりやすいです。

 

お通じが悪くなると老廃物や便などがお腹周りに溜まるのでお腹が張ったような状態になります。そしてたまに便が一気に出たり、お腹を崩して下痢をすると張ったお腹が凹むためお腹の皮が余ってたるむことがあります。

 

普段から定期的に便がきちんと出ていればこのようなことはないのですが、お通じが悪いと感じている方は腸活をして腸内環境を整えるのがいいですね。

 

出産の影響で皮膚がたるんだ

こちらは女性限定の話になりますが、女性は出産後に急激に腹囲が減るためお腹の周りの皮が余ってたるむことがよくあります。

 

お腹の膨らみは数ヶ月で戻ってきますが、伸びた皮膚はどうしてもなかなか戻らずたるみが残ってしまいます。

 

また、妊娠中は胎児をお腹に抱えているため骨盤周辺の筋肉が凝り固まっている場合があります。骨盤が歪んでしまうとそれもたるみの原因になるので骨盤矯正をする必要があります。

 

これらのようなことが男女共通の主な原因として考えられます。また、女性の場合限定ですが、これらの原因に加えて出産後にお腹の周りの皮膚が余分に余ってしまうこととでたるむこともあります。

 

お腹のたるみを解消するための対策

 

お腹がたるんだ原因がある程度つかめてきたら、今度はどうやってお腹のたるみを解消させればいいのかチェックして実際に行動にうつしていきましょう。

 

お腹周りの筋肉の衰えを解消させる

とくに下腹の辺りがたるんでいると言う場合は筋力低下が影響している可能性が高いので、できるだけ腹筋を鍛えるなどしていきたいところです。

 

腹筋を鍛えるとなるとハードなトレーニングが必要なのでは?と思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。ただ適度な運動を効率よく続けるだけで十分です。

 

お腹をバキバキに割りたいという人はかなり負荷をかけたトレーニングも必要になりますが、お腹のたるみを解消してあくまでも普通の見た目のお腹を目指すなら負荷はほどほどで大丈夫なのです。

 

簡単にできる!たるんだお腹に効果的な5つの運動
  1. お腹に力を入れて引っこめる
  2. 深い呼吸を意識してみる
  3. 座っている時は背筋を意識して伸ばすようにしてみる(猫背は厳禁)
  4. 仰向けに寝転がって両足を交互に上げたり、横に広げる運動をしてみる
  5. 可能であれば意識的に歩く量を増やしてみる

呼吸のとり方を意識するだけでもだいぶ違いますし、座っているときの姿勢が猫背にならないように注意することすらたるみを解消させるために役立ちます。

 

こうして見てみるとわざわざジムに通って厳しいトレーニングをする必要もないので、意外と誰でもできそうな感じがしますよね。

 

楽をしたいなら加圧シャツがおすすめ

金剛筋シャツ

 

忙しくて時間に追われているような生活をしていると10分くらいの腹筋運動ですら面倒ですしなかなかまとまった時間をとるのは難しいことだと思います。

 

だけどできるだけ早くお腹周りを引き締めてたるみを取りたい…という方については加圧シャツがおすすめです。

 

加圧シャツは最近かなり流行してきていますが、簡単にいうと着るだけで無意識的に運動をしている状態を作り、なおかつ背筋を伸ばしながら猫背を改善して姿勢を矯正する働きもあるシャツです。

加圧シャツに期待できる効果

  • 無意識運動状態をつくる
  • ウエストを引き締める
  • 背筋を伸ばして猫背を改善する
  • 新陳代謝を向上させる
  • 体を常に温めておくことで脂肪を燃焼しやすくする
  • お腹を圧迫するため食欲を抑える

 

正直普通のシャツを着るのとは違って常に体がシャツによって圧迫されているのでちょっと疲れると思います。

 

ただ、わざわざ運動のために時間を使わなくてもいいですし、座って作業をしていたりテレビをみている時すら半分トレーニングをしている状態を作れるのでかなり楽におなかのたるみを解消できます。

 

最も評価が高い加圧シャツ「金剛筋シャツ」の公式ページ

 

食生活を効率よく変えていく

運動や加圧などでお腹のたるみを解消させるのも大事ですが、食生活で摂取する栄養素などを整えるとさらに効率よくたるみを解消していくことができます。

 

油・糖を控えめにする

油や糖が多い食事を続けていると、運動していたとしても摂取エネルギーが多くなりがちです。

 

糖は脳や体を動かすためのエネルギー源になるのでゼロにはしないほうがいいですが、量をほどほどにしておかないとお腹のたるみが取れません。

 

  • ごはん
  • パン
  • 麺類
  • スイーツ
  • ジュース

 

この辺りを意識的に減らしていくと良いでしょう。

 

お米を炊くときにマンナンヒカリなど入れてたくと量を減らさなくても簡単にカロリーカットできますよ。

 

また、コンビニやスーパーで売っている揚げ物などの惣菜はそのまま食べずにノンフライヤーなどを使って油を落としてから食べると美味しさを損なわずに油だけ減らす事ができます。

 

こういった食の工夫をしながら少しずつでも体に入ってくる無駄な栄養を減らすのが理想です。

 

乳酸菌を積極的に摂り入れる

油や糖などはできれば摂り入れる量を減らしていくべき栄養素ですが、逆に積極的に取り入れていきたい栄養素に乳酸菌があります。

 

乳酸菌を毎日摂り入れるようにすることでお腹の調子を正常に整えることができるので、便が溜まったりせず毎日のお通じで老廃物や便をきちんと排泄することができます。

 

食べたものの中の不要な栄養素は体に残さず消化して排泄するべきですし、そうすることがお腹のたるみの改善にもつながります。

 

乳酸菌はヨーグルトなどでも摂れますが生きた乳酸菌を腸が腸に届いていないと意味がありません。

 

そのため腸活に効果的で生きて腸まで届くように作られている乳酸菌サプリなどを摂り入れるのがここでは一番効率がよくなります。

 

腸活に効果的な乳酸菌サプリをランキングから選ぶ

 

お腹の脂肪を燃やす医薬品を使う

 

どうしても運動も食生活の改善も気が進まない…という方はお腹の脂肪を燃焼させる働きがある第二類医薬品の「防風通聖散」を使ってみるのが良いでしょう。

 

こちらは肥満外来などで薬を使う必要があると医師に診察されたときに処方される医薬品でもあります。

 

病院にいかなくてもネット通販で購入することができるので、手間を省きたい方は通販で入手するのが理想です。

 

アイン薬局が出している生漢煎という防風通聖散は生薬エキスの配合量が最も多い満量処方として販売されているので、他に市販されている防風通聖散よりも高い効果が期待できます。

 

市販の防風通聖散を徹底比較したランキング

 

まとめ

お腹のたるみは何も行動をしないで解消できるものではありませんし、放置しておくと年々さらにひどい事になっていきます。

 

1年後にダイエット生活をスタートするよりも今からスタートするほうが必要になる努力も圧倒的に少なくてすみます。

 

スタイルに悩む必要がなくなるくらい徹底的にダイエットをしてお腹のたるみは早いうちに解消していきましょう。

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリをを徹底比較したランキングです▲

関連ページ

ぽっこりお腹の原因と男女とは?男女別の改善方法まとめ!
ぽっこりお腹と筋トレの効果
ぽっこりお腹は病気なの?
ぽっこりお腹解消!脂肪を削ぎ落とす方法
男なのにお腹がパンパンに張るのはなぜ?
ダイエットを先延ばしにしてしまう自分を変える!
ダイエットのやる気が続かない!
楽して痩せるための3つの秘密!
健康的に痩せるための3つのポイント
若い男性のぽっこりお腹を解消
肥満の予防になる食生活とは?
「ながらダイエット」でお腹痩せ!日常を利用したダイエットのコツ
ダイエットの停滞期を脱出する方法
炭水化物を食べ過ぎた時の3つの対処方法
お腹に溜まったガスが下腹ぽっこりの原因に?
ウェストの膨らみや違和感を感じる理由はお腹のガスが理由?
お腹にガスがずっと溜まっていると太りやすく痩せにくい体になる?
ガス腹を治す治療法と対処法まとめ
お腹に段差ができて取れない原因とは?簡単に解決するポイント
胃がムカムカしてお腹が張る原因と対処法
ズボンが入らない!ぽっこりウエストになった原因とは?
ズボンが入らなくなった時に実践したダイエット方法!
腹回りが太くなってズボンがはけない時に食事療法で改善する方法
リンゴ型の下腹ぽっこり肥満に適したダイエット方法とは?
ビール腹を解消するダイエットにおける3つの鉄則
腹筋ローラーを使っても腹筋が割れない本当の理由と?
お腹周りの脂肪を落とす!運動&サプリの強力な合わせ技
お腹周りダイエットに最適な痩せる食事まとめ-保存版-
お腹周りの肉を落としたい!簡単にお腹を引き締める方法は?
胸の筋肉が落ちて脂肪に変わってお腹周りに移動するという噂について
ダイエット器具を使えばお腹周りの部分痩せは可能なの?
痩せ型なのに下腹ぽっこり張る原因と3つの解消法
コーラックは毎日飲むとお腹が張る?飲み過ぎは注意が必要?
ぽっこりお腹をへこませたい!効率よくお腹をへこます栄養素とは?
ぽっこりお腹はEMSベルトで凹ますことはできるの?
ぽっこりお腹引き締めるため準備として必要な3つのポイント
胃酸過多と腹部膨満感の関係性とは?改善するために必要なこと
肥満を回避するために高い基礎代謝を維持するにはどうすべき?
なぜ腹筋をしてもお腹の脂肪が落ちない?腹筋の上の脂肪の落とし方!
ポッコリお腹は糖尿病になりやすい?今すぐ安全に解消する方法
消化不良が腹部膨満感の原因に?速やかに解消するための心得
お腹周りの肉を落としたい!厄介な贅肉は体質からの改善で落とす
お腹だけが異常に出てるぽっこりを解消するには?
プロテインを飲むとお腹が出る!?適切な対処法は?
お腹の真ん中の肉がタポタポするのが気になる時の対処法
腸活には乳酸菌サプリが効果的!摂取方法や選び方を解説
皮下脂肪を落とすことができる脂肪燃焼サプリとは?
お腹が突き出るほど太っている状態を解消するには?
肥満体型は頭痛のを誘発する?高血圧を改善してコントロールしよう
メタボウエストを今すぐ解消!サプリを使った楽痩せダイエットとは?
ダイエットによる皮余り問題を解消するには?
お腹の張り具合が日によって違うのが気になる!原因を解明しました
お腹の張りで息苦しい!症状を改善するためのポイントとは?
少し食べただけでお腹が出るのが嫌!体質から変えるメソッド
ブスコパンの常用は副作用の危険性が!?
胃がぽっこり出ているのは病気?気になる症状の改善策とは
食べてないのに胃が出るのはなぜ?知らないと怖い真相とは
ブスコパンは市販されてる?薬局などでは売ってないの?
太りすぎて苦しい!泣きたいほどヤバイ肥満を早く改善するには?
アサヒ凹茶でお腹の脂肪は減る?飲む価値はあるか検証レビュー
異所性脂肪が溜まる原因といますぐ減らす具体的な対処法は
ビール飲まないのにビール腹になるのはなぜ?解消する方法とは
内臓脂肪は病気の原因に?早めに落としてリスクを回避する方法
お腹痛いのに出ない!腹痛トラブルを解決する方法とは
横っ腹の脂肪を落とすために最も効果的なダイエット方法6選
内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?両方落とす方法はあるのか
下半身太りに効果的な薬とは?漢方が効果的な理由