ダイエットのやる気が続かない!そんな時に役立つ3つのポイント

ダイエットのやる気が続かない!そんな時に役立つ3つのポイント

せっかく1度はダイエットを始めよう!と決意することが出来たにも関わらずどうしてもそのやる気が長く続かないということで、最終的にはダイエットの成功には至らなかった。スッキリ博士も最近はそういった内容のお悩み相談を受けることがよくあります。

 

私もかつてはダイエットに悩みを持つあなたと同じように、ぽっこりお腹に苦しんできました。しかし、私はそれでもその悩みを乗り越えてきた身ですのでこの悩みに関しては共感できますし、そうなってしまうのも理解できます。

 

スッキリ博士がダイエットのやる気を維持できた3つのポイント

 

それではさっそく、私がどのようにしてダイエットのやる気を維持させてきたのかということを3つのポイントに分けてご紹介していきます。ダイエットに挫折してしまったり、今ダイエット中だけど長く続けてダイエットに成功したいという方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

ダイエット中でも食事を楽しむ

ダイエットを長く続けることが出来ない人はそもそもダイエット自体を楽しんでいない人が非常に多いと私は感じています。楽しんでいないとはどういうことかというと、楽しむポイントを見いだせていないんですね。

 

スッキリ博士の失敗例

ダイエット中だからといって、サラダしか食べないとか極端なことをしていませんでしょうか。確かに一定期間くらいならサラダしか食べないような生活をしても大丈夫ですし、痩せるまでは早いです。

 

スッキリ博士も数年前にサラダしか食べないダイエットをしたことがあります。その時はローソンに売っている100円のサラダをひたすら食べて、ドレッシングの味だけ変えるような感じの生活をしていました。

 

しかし、その時の食生活は今思い出しても苦痛でしかなかったですね。食べることに対しての楽しさというのが一切感じられなくなっていたので、1か月くらいは続けて数キロ痩せることは出来ましたが、結局その後元に戻りました。

 

上記のような失敗を通して、やはり食事は制限するにしても楽しめるメニューを考えていかないとダイエットは長続きしないということを痛感しました。

 

食事制限は前向きに!

上でご紹介した食事を楽しむというところの続きにもなります。ダイエットをする以上は食事は楽しむにしても食べたいだけ食べるわけにはいきません。ある程度は食事を制限していかないことにはスムーズにダイエットで成果を出すことは難しくなります。

 

とはいえ、私の失敗例のようにサラダしか食べない!というような極端なことをやると必ずと言っていいほどその後に無理をしたつけが返ってきます。

 

スッキリ博士の前向き食事制限メニュー

 

メニュー

カロリー

朝食

フルーツグラノーラ,バナナヨーグルト

約350kcal

昼食

お弁当(油ものは控えめ)

約600kcal

夕食

肉、魚、味噌汁、ごはん(約60g)

約650kcal

いかがでしょうか。思ったより普通に食べていると感じませんか?ポイントとなるのは総カロリーです。
ある程度食べてはいますが、カロリーは約1600kcalほどに抑えるようにしていました。仕事などでよく動くという方はもっと食べても問題ありません。私の場合はパソコンで座って仕事をすることが多いので平日はこのくらいにしておく必要がありました。

 

性別・年代別・運動量別に最適な1日の摂取カロリー表を別記事にて作成していますので、参考にしてみて下さい。
>>男性版の推奨摂取カロリー一覧
>>女性版の推奨摂取カロリー一覧

 

楽しみながら運動する

ダイエットをするなら運動も避けては通れないところがあります。しかしこれもまた無理な運動を嫌嫌する必要はありません。1日何キロもランニングをしたり、トレーニングジムに通ったりしても今までそういうことをしていなかったのなら体にも精神にも大きく負荷がかかりますから、当然長続きしないですよね。

 

スッキリ博士はどうやって運動を楽しんだのか

私の場合、運動のために時間を割くことはあまりしたくなかったので、今までの日常生活の中で変えられるところを変えていくようにしました。例えば、以下のようなところです。

 

  • 自転車で通勤していたのを歩くようにした
  • エレベーターと階段があるなら必ず階段を使うようにした
  • 街中まで行く際に地下鉄を使っていたのを歩くようにした

運動を増やしたのはせいぜいこの程度です。でも普通にこのように日常生活を変えるだけではまだ楽しんだことにはならないですし、どちらかと言うと辛いですよね。

 

ここがポイント

 

私はここで歩くのを楽しむためにヘッドフォンにお金をかけました。意外に思われるかもしれないですが、これが本当に効果があったんです。良い音でこれまで以上に音楽を楽しみながら歩くようにしたところ、逆に歩きたい!と思えるほど歩くのが好きになってしまいました。

 

 

 

今ご紹介したのはあくまで私の一例ですので、ぜひあなたもこのように自分なりの楽しみを見つけてダイエットを続けてみて下さい。

 

上記の3つのポイントを意識しながら、サプリメントなども併用すると健康的にダイエットを成功させるための近道になります。サプリメントは飲むだけで痩せられなくても他の生活を改めると効果を発揮しやすくなります。下記の検証記事もぜひ参考にして下さい。

 

>>スッキリ博士のダイエットを成功に導いてくれたメタバリアSの検証記事はこちら

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

ぽっこりお腹の原因と男女差
ぽっこりお腹と筋トレの効果
ぽっこりお腹は病気なの?
ぽっこりお腹解消!脂肪を削ぎ落とす方法
男なのにお腹がパンパンに張るのはなぜ?
ダイエットを先延ばしにしてしまう自分を変える!
楽して痩せるための3つの秘密!
健康的に痩せるための3つのポイント
若い男性のぽっこりお腹を解消
肥満の予防になる食生活とは?
ながらダイエットでぽっこりお腹を解消する方法とは?
ダイエットの停滞期を脱出する方法
お腹のたるみ取るための必勝法!
炭水化物を食べ過ぎた時の3つの対処方法
お腹に溜まったガスが下腹ぽっこりの原因に?
ウェストの膨らみや違和感を感じる理由はお腹のガスが理由?
お腹にガスがずっと溜まっていると太りやすく痩せにくい体になる?
ガス腹を治す治療法と対処法まとめ
お腹に段差ができて取れない原因とは?簡単に解決するポイント
胃がムカムカしてお腹が張る原因と対処法
ズボンが入らない!ぽっこりウエストになった原因とは?
ズボンが入らなくなった時に実践したダイエット方法!
腹回りが太くなってズボンがはけない時に食事療法で改善する方法
リンゴ型の下腹ぽっこり肥満に適したダイエット方法とは?
ビール腹を解消するダイエットにおける3つの鉄則
腹筋ローラーを使っても腹筋が割れない本当の理由と?
お腹周りの脂肪を落とす!運動&サプリの強力な合わせ技
お腹周りダイエットに最適な痩せる食事まとめ-保存版-
お腹周りの肉を落としたい!簡単にお腹を引き締める方法は?
胸の筋肉が落ちて脂肪に変わってお腹周りに移動するという噂について
ダイエット器具を使えばお腹周りの部分痩せは可能なの?
痩せ型なのに下腹ぽっこり張る原因と3つの解消法
コーラックは毎日飲むとお腹が張る?飲み過ぎは注意が必要?
ぽっこりお腹をへこませたい!効率よくお腹をへこます栄養素とは?
ぽっこりお腹はEMSベルトで凹ますことはできるの?
ぽっこりお腹引き締めるため準備として必要な3つのポイント
胃酸過多と腹部膨満感の関係性とは?改善するために必要なこと
肥満を回避するために高い基礎代謝を維持するにはどうすべき?
なぜ腹筋をしてもお腹の脂肪が落ちない?腹筋の上の脂肪の落とし方!
ポッコリお腹は糖尿病になりやすい?今すぐ安全に解消する方法
消化不良が腹部膨満感の原因に?速やかに解消するための心得
お腹周りの肉を落としたい!厄介な贅肉は体質からの改善で落とす
お腹だけが異常に出てるぽっこりを解消するには?
プロテインを飲むとお腹が出る!?適切な対処法は?
お腹の真ん中の肉がタポタポするのが気になる時の対処法
腸活には乳酸菌サプリが効果的!摂取方法や選び方を解説
皮下脂肪を落とすことができる脂肪燃焼サプリとは?
お腹が突き出るほど太っている状態を解消するには?
肥満体型は頭痛のを誘発する?高血圧を改善してコントロールしよう
メタボウエストを今すぐ解消!サプリを使った楽痩せダイエットとは?
ダイエットによる皮余り問題を解消するには?
お腹の張り具合が日によって違うのが気になる!原因を解明しました
お腹の張りで息苦しい!症状を改善するためのポイントとは?
少し食べただけでお腹が出るのが嫌!体質から変えるメソッド
ブスコパンの常用は副作用の危険性が!?
胃がぽっこり出ているのは病気?気になる症状の改善策とは
食べてないのに胃が出るのはなぜ?知らないと怖い真相とは
ブスコパンは市販されてる?薬局などでは売ってないの?
太りすぎて苦しい!泣きたいほどヤバイ肥満を早く改善するには?
アサヒ凹茶でお腹の脂肪は減る?飲む価値はあるか検証レビュー
異所性脂肪が溜まる原因といますぐ減らす具体的な対処法は
ビール飲まないのにビール腹になるのはなぜ?解消する方法とは
内臓脂肪は病気の原因に?早めに落としてリスクを回避する方法
お腹痛いのに出ない!腹痛トラブルを解決する方法とは
横っ腹の脂肪を落とすために最も効果的なダイエット方法5選
内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?両方落とす方法はあるのか