琉球もろみ酢は下痢や便秘の解消効果も期待できる?

琉球もろみ酢は下痢や便秘の解消も期待できる?

しまのや琉球もろみ酢は代謝アップによるダイエット効果や、脂肪燃焼効果が期待できるダイエットサプリメントとなっていますが下痢便秘などの腸内トラブルを解消することもできるのでしょうか。

 

 

 

実際に琉球もろみ酢に含まれている成分なども見ていきながら下痢や便秘解消効果も期待できるのか検証していきます。

 

琉球もろみ酢の効果・レビュー記事はこちら

 

クエン酸による整腸作用で下痢や便秘を解消

琉球もろみ酢には様々な成分が含まれているわけですが、その中でもまずクエン酸については腸の蠕動運動を活発にする働きがあると言われています。腸の蠕動運動が活発になるということはすなわち便が出やすい状態となるということが言えます。

 

例えば下剤などを使って便秘を解消させるときは腸に刺激を与えて蠕動運動を無理矢理活性化させることで半強制的に便を出させるわけですが、クエン酸の場合はそれとはまた違っています。

 

 

 

クエン酸の場合は緊張状態にあって凝り固まっている腸をほぐすようにして活性化させるため、腸に負担が少ないという特徴があります。

 

また、腸内に悪玉菌が溜まっていて便秘になっている場合はクエン酸による殺菌作用によって悪玉菌を減少させて便が出やすい状態にすることも可能となります。

 

ただし、一つ注意しなければならないのはクエン酸は過剰に摂取する腸の蠕動運動も活性化しすぎることでお腹が緩くなるということです。あくまでも適量を摂取するようにしていけば問題はありません。

 

またクエン酸には慢性的な下痢を治す作用があります。クエン酸を摂取して胃の中に入っていくと胃酸の分泌を高めることができるので食べたものを消化する力が高まります。

 

慢性的な下痢になっている人は胃酸の分泌がうまく出来ていないということが原因として考えられるので、クエン酸がその悩みを解決してくれます。

 

アミノ酸の血液サラサラ作用で下痢や便秘を解消

琉球もろみ酢はクエン酸と一緒にアミノ酸も豊富に配合されており、米酢の80倍もの量が配合されています。アミノ酸には便秘によって血流が悪くなってドロドロになった血液をサラサラにする効果があります。

 

そのためアミノ酸を適量摂取していくようにすることで腸内細菌のバランスが整うので、血流が良くなって下痢や便秘などの腸内トラブルを防止することができるようになります。

 

必須アミノ酸については体内では合成することが出来ないため、食品から補う必要があるのですがもろみ酢は必須アミノ酸を含また各種アミノ酸がバランスよく配合されていることで今注目を集めています。

 

琉球もろみ酢には1日3粒飲んだ場合で24,284mgものアミノ酸を摂取することができるので、効率よく腸内トラブルの改善が可能となります。

 

琉球もろみ酢の効果レビュー記事をみる

 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ