サラシア100の正しい飲み方を解説!タイミングで変化する効能

サラシア100の正しい飲み方を解説!タイミングで変化する効能

サラシア100の正しい飲み方を解説!タイミングで変化する効能

 

 

小林製薬が販売する今旬なダイエットサプリのサラシア100は飲むことでダイエット効果や血糖値の対策となる効果が得られることがで人気や知名度が上昇しています。

 

せっかく買って飲むなら正しい飲み方についても知って効果を高めていきたいところですよね。

 

サラシア100は飲み方や飲むタイミングで期待できる効果や効能にも差がでてきますので、ここで今一度正しい飲み方を徹底的にチェックしていきましょう。

 

サラシア100はいつ飲むのが適している?タイミングについて

 

 

それではまずはサラシア100を毎日飲むとして、1日のどのタイミングで飲むようにするべきなのかという点から見ていきます。

 

サラシア100の主要な効果としては食後の血糖値の上昇を抑えたり、糖の吸収を抑制するというところになります。

 

その効果を最大にまで高めるためにはサラシア100を食前に飲むということが重要です。食後にサラシア100を飲んだり、全く関係ない時間帯に飲んでもそもそも糖が入ってこないからサラシアは行き場のないまま体内に吸収されることになってしまいます。

 

もちろんいつ飲んでも血糖値の低減であったり脂肪の燃焼といったある程度の効果は実感できるのですが、やはりそれではサラシア100の成分のもつポテンシャルを活かしきることはできません。

 

まずは食前にサラシア100を飲むということは必ず守るようにしていくといいでしょう。

 

より正確なタイミングや飲み方のポイント

 

 

サラシア100を食前に飲むといっても食べる直前に飲むと食べた物の吸収にサラシアの働きが追いつかない場合もあります。

 

食事の30分くらい前の段階でサラシア100を飲んでおいて先にサラシアの成分を体内や血液の中に浸透させるようにしておくと最も効果を高めることができます。

 

また吸収率をさらに高めるためには冷たい水よりも温めの白湯で飲んだほうがなおいいです。

 

白湯だとサラシア100の錠剤が冷水よりもスムーズに溶けるようになるので、ちょうど食事で糖を摂取した時にサラシアの効果や効能が発揮されて糖を吸収しないようにブロックするという働きをしてくれるようになります。

 

白湯をいちいち用意するのは少し手間になるとは思いますが、効果の違いはざっと1.5倍ほどにはなりますので、手間を白湯で飲む価値は十分にあります。

 

1回1粒1日3粒を食前に

 

 

サラシア100は1回1粒かつ1日に3回飲むことが推奨されています。なので1日3食を朝昼晩に食べる人はそれぞれの食事前に1粒ずつ飲むようにすればいいということです。

 

ずっと家にいるときは問題ないですが、外食などをするときやお仕事で会社で昼ごはんを食べるような時もあると思います。

 

袋ごとサラシア100を常に持ち運ぶのが難しい場合は1袋届いたら半分をサプリメントケースなどに入れてカバンに入れておいて外食の際にはそちらから飲むようにして、自宅で食事をするときは袋に入っているものを飲むなど工夫をして飲み忘れを防ぐようにしていくほうがいいです。

 

また、外出先で白湯が用意できないような時は無理して白湯にする必要はないので水で飲むようにしましょう。飲み忘れてしまうくらいなら水であっても飲んだほうがいいです。

 

30分前に飲み忘れた!どうしよう・・・という状態になってしまったら、気づいたときに飲んでください。食事の直前や食事の最中であっても飲めば飲まないよりもずっと糖の吸収を抑えることはできます。

 

この記事のまとめ

今回はサラシア100の飲み方や飲むタイミングなどについてまとめてきました。

 

サプリメントだけ手元にあっても正しい飲み方を知っていなければ期待できるはずの効果も期待を下回るものになってしまうことだってあります。

 

サラシアの成分としての特性からして食前に飲むのは鉄則なので、ご飯の時間の30分前くらいに飲むという癖をつけるようにしていくと正しい効果を実感しやすくなるでしょう。

 

サラシアサプリの総合評価ランキングはこちら

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 燃焼系サプリ比較ランキング お腹に効く漢方薬比較ランキング 食欲&カロリーカットサプリ