シボヘールの副作用を検証!便秘になったという噂の真相は?

シボヘールの副作用を検証!便秘になったという噂の真相は?

 

 

お腹の脂肪を落とすための機能性表示食品として今注目度が急上昇中のシボヘールですが、一部のユーザーからシボヘールを飲んでから便秘になってしまったといった話が出ているのを耳にしました。

 

私はシボヘールを愛用している中で便秘になったり副作用のような影響が出てきたことはいまだかつてありません。

 

ただ、これでもし本当に影響があって副作用が出た人がいるなら気になるところです。

 

今回はシボヘールユーザーの意見などを徹底的に調べてみた結果と、成分的な安全性などを改めて細かくチェックしてきた結果を踏まえて真相に迫っていきたいと思います。

 

シボヘール3ヶ月使用後の効果・口コミはこちら

 

結論:普通に使っていてシボヘールで便秘になることはない

最初から結論から言っていくスタイルで行きますが、まずシボヘールを飲むことが原因となって便秘になることはないと思って間違いありません。

 

というのもそもそもダイエットとか健康のためにサプリメントを飲むのに便秘になるような成分が入っているなら販売するはずがないですよね。

 

※薬の副作用とかならわかりますが、シボヘールは薬ではありません。

 

理由その1:3ヶ月使ったら今までよりも便通がよくなった

まず私自身は3ヶ月以上シボヘールを継続して使っているのですが、その結果としては便秘になるどころかこれまでよりも更に便通がよくなったのが確認できています。

 

葛の花イソフラボンに便秘を改善する効果があるということは届け出されていませんが、少なくとも腸の働きを活発化させながらお腹をスッキリさせるという効果は期待できるものとなっています。

 

もちろん便通の変化を感じられない人もいますが、使い続けることでただウエストが細くなるだけではなく便通の悩みにも効果が出てくる可能性はあると考えられます。

 

理由その2:消費者庁の届け出表示

葛の花イソフラボンの効果として消費者庁に届け出されている内容としては下記の通りです。

 

  • お腹の脂肪の減少
  • ウエスト周囲径の減少
  • 体重の減少

 

この中に「便通」や「便秘」に関係してくるような記載は一見するとないように見えます。

 

ただ「ウエスト周囲径の減少」というところをみると分かってくると思うのですが、便秘になったらお腹がぽっこりと出てきてしまうので脂肪が減ってもウエストサイズが変わらなかったり増えてしまうことも考えられます。

 

しかし、臨床試験データを通してシボヘールではウエスト周囲径が減るという結果がでることもわかっているので便秘になるということは考えにくいですよね。

 

理由その3:成分的に便秘になる要素がない

 

 

シボヘールに含有されている成分は非常にシンプルで「葛の花由来イソフラボン」のみという構成になっています。

 

これにいろいろな成分が追加されてくると成分同士での組み合わせだったり、腸の働きを鈍くさせてしまう成分によって影響がでることも考えられますが、シボヘールの場合はそれがありません。

 

そもそも葛の花由来イソフラボンという成分は脂肪に対して作用する成分であって、脂肪の合成を抑えつつ分解・排出を促進して脂肪を体外に出していく成分です。

 

体外に出すということは当然「便」と一緒に脂肪が出ていくことになるので、便が滞ったりすると脂肪の排出ができないということになってしまいますよね。

 

葛の花イソフラボンは肝機能を向上させるという働きがあるとも言われているので、血中のエネルギー供給を促進しながら便通を促進することも可能な成分となっています。

 

こういった点などもあってシボヘールの成分から考慮しても便秘になることはないということがわかると思います。

 

なにか副作用がでる可能性はあるのか?

 

 

ここまではシボヘールと便秘についての話を中心にお伝えしてきましたが、それ以外に何か副作用などがでるリスクはあるのかという点に関してもまとめていきます。

 

まずシボヘールは医薬品ではなくあくまでも機能性表示食品です。

 

健康食品でありサプリメントなので、飲んで副作用などがでることはまずありません。

 

しっかりとメーカーが推奨している飲み方を守って続ける分にはカラダにデメリットになるような悪影響となる副作用がでる心配は不要です。

 

ただ一つ注意してほしいのは飲み方です。

 

基本的にシボヘールは1日に4粒飲むことが推奨されているサプリメントなのでそれを守るなら問題はないです。しかし、たまに早く結果を出したいからといって1日分として倍の4個を飲むようにしたりする人もいます。

 

シボヘールは臨床試験も行なわれているもので、1日に35mgの葛の花イソフラボンを摂取することを継続して効果が発揮されるものとなっています。

 

たくさん飲めば効果が早まるというものではないですし、サプリメントを飲む量を無駄に多くするとサプリを体内で溶かすために胃にも負担がかかってくることになります。

 

間違えた飲み方をしているのに副作用がでたと言うのは自分の責任になってしまいますので、しっかり推奨された正しい飲み方で続ける必要があります。

 

この記事のまとめ

今回はシボヘールに副作用や便秘のリスクがあるかという点について細かく正直にまとめてきました。

 

普通に飲んでいて副作用がでることはまずないですし、便秘になることもないのでまだシボヘールを飲む前で心配している方は安心して大丈夫です。

 

もしシボヘールを買っていて体調が優れない・・・という方はまずはシボヘール以外に要因がないか思い当たる節を探ってみた方がいいです。

 

それでもシボヘールの影響を受けているだろうという方は体質的に合わなかった可能性もあるので飲むのは辞めて別のサプリメントを探したほうがいいですね。

 

シボヘールが合わない方は他の葛の花サプリメントでも同様の結果になってしまう可能性が高いので、葛の花イソフラボンではない別のサプリメントを使うことをおすすめします。

 

>>シボヘールを3ヶ月飲んだ口コミ・効果はこちら

 

葛の花ダイエットサプリを【全種類】比較したランキング

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲