シボガードとシボヘールを徹底比較!具体的な違いや選び方まとめ

シボガードとシボヘールを徹底比較!具体的な違いや選び方まとめ

 

 

健康食品通販会社として大手のハーブ健康本舗が手がけるスッキリライフ通販で販売されているダイエットサプリの主力商品としてシボガードシボヘールがあります。

 

なんとなく名前からシボガードは脂肪が吸収されるのをガードしてくれる系のサプリで、シボヘールは脂肪を減らす系のサプリということがわかると思います。

 

ただ実際に両方を購入して使ってみるともっと細かい違いなども色々と見えてきたところがあります。

 

今回はシボガードもシボヘールも両方購入して使ってみた結果も踏まえて徹底的に比較をしています。

 

ダイエットをしたいという目的は共通していると思いますが、シボガードとシボヘールのどちらを購入するべきかで迷っている方は参考にしていただければと思います。

 

シボガードとシボヘールの比較早見表

まずはパッとみて分かりやすいようにシボガードとシボヘールのスペックを表にしてまとめてみました。

 

商品名

シボヘール

体験談はこちら

シボガード

体験談はこちら

商品画像

 

 

初回価格

980円(税込)

※送料無料

980円(税込)

※送料無料

容量

初回・定期ともに1袋120粒

初回定期ともに120粒

主成分

葛の花イソフラボン

ターミナリアベリリカ

1日分の主成分量

4粒35mg

4粒20.8mg

通常価格

3,218円(税込)

※送料無料

2,970円(税込)

※送料無料

1ヶ月分のコスト(定期価格)

2,808円(税込)

※送料無料

2,592円(税込)

※送料無料

定期縛り

縛りなし

縛りなし

効果

内臓脂肪・皮下脂肪低減

中性脂肪上昇の抑制

おすすめ度

販売会社

ハーブ健康本舗

 

ハーブ健康本舗

 

パッケージも色違いみたいに似ているのでまるで兄弟のようなサプリですし、価格もほとんど同じです。継続価格でややシボガードの方が安いという程度です。

 

同じメーカーのサプリだけあって品質面や価格、売り方はどれも同等のものとなっています。

 

ただ、配合成分やその成分の働きには大きな違いがあるので、ここから更に細かく比較をしてどっちを選んだ方が早く理想的な体型を目指していくことができるのかチェックをしてきましょう。

 

価格だけで選ぶならシボガードが有利

 

 

どちらも比較的こういったダイエットサプリとしては安い部類にはいる商品となっていますが、少しでも価格が安いほうを優先したいということであればシボガードの方が継続時の価格が安いので負担は確かに少なくなります。

 

そもそも初回価格についてはどちらも980円と同じです。

 

その上定期縛りなどもなく不満があれば初回980円だけで解約をしてしまうこともできるという柔軟っぷり。

 

これはメーカーのハーブ健康本舗のユーザー視点にたった販売方法の一貫なのではないかと思います。

 

定価ではシボガードは1袋2,970円となり、シボヘールは3,218円です。成分の原材料費などの兼ね合いもあるので価格差がでるのは仕方ないことですがそこまで大きな差ではないですね。

 

ただWEB限定の定期便で買う場合の継続価格で比較してみるとシボガードは2回目以降が2,592円となり、シボヘールは2,808円です。差額としては1ヶ月につき216円分ということになります。

 

僅かな差ですが、1年継続したことを想定すると初月分を除いて2376円分はシボガードが安いという結果になっています。1ヶ月で考えると200円ちょっとなのでそこまでの差ではないですが、1年続けたとすると1袋分くらいは価格に差があるので安さだけを重視したいならシボガードになりますね。

 

>>シボガードの個別検証記事はこちら

 

お腹の脂肪減らしたい人は素直にシボヘールがおすすめ

 

 

シボガードもシボヘールも使えばダイエット効果が期待できるサプリメントですが、いまの自分のお腹周りの体型にコンプレックスを持っていてお腹周りの脂肪をスッキリさせたいと考えているならシボヘールを選んだほうが間違いなくいいです。

 

そもそも成分が違うので効能にも向き不向きがあるのですが、シボヘールに含まれる葛の花イソフラボンという成分は継続して摂取することによって内臓脂肪を減らすという具体的な効果が臨床試験などでも証明されている機能性関与成分です。

 

シボガードには含まれないお腹周りの脂肪のための成分が入っているということもあるので、単純にウエスト周りを細くしていきたいなどダイエット願望がある方はシボヘールを選ぶべきです。

 

ただ、シボヘールの成分を摂取することはお腹の脂肪を減らすのに効果的ですが、食事で摂取するカロリーが多すぎたり脂肪分や糖分などをとりすぎていると当然ながら痩せることも難しくなります。

 

>>シボヘールの効果検証ページはこちら

 

中性脂肪の数値が気になる方・食べるのが好きな方はシボガード

 

 

おそらくほとんどの方はダイエットサプリに求めるのは細くなりたいとかお腹周りの肉や脂肪を減らしたいといったことを目標にしているのでシボヘールを使いたいという方が多くなると思います。

 

ただ、シボガードはシボヘールとは少し視点が違うダイエットサプリです。

 

というのも、まずシボガードでは食後に上昇する中性脂肪を抑えるという効果が臨床試験で証明済みのものとなっています。

 

中性脂肪が上がると健康リスクが高まりますし、高い中性脂肪は健康診断などの結果でも問題点として指摘されるものです。

 

脂っこい食事などを食べることで中性脂肪が上昇しやすくなり、健康リスクを高めるだけでなく肥満にも直結してくる問題となります。

 

シボガードにはターミナリべリリカ由来ポリフェノールと呼ばれる食後の中性脂肪上昇を抑える働きのある機能性関与成分が配合されています。

 

食事の前に摂取しておけば、その食時の後に上がるはずだった中性脂肪を上げずに済むので健康リスクを減らしながらもダイエットに取り組めるようになっていあす。

 

食べ過ぎで中性脂肪が高くなっているかもしれない・・・と自覚している方についてはシボガードを選んだほうが極端に今の生活を変えることなく健康を手にすることができるのでメリットが大きくなるのではないかと思います。

 

どちらも併用するのが実は最強

 

 

必ずしもシボガードかシボヘールのどちらかに決めなければ行けないというわけではありません。予算が許すのであれば両方を同時に使って併用しながらダイエットに取り組むことも可能です。

 

攻めの姿勢のダイエットにはシボヘールを活用して、守りの姿勢で食事が原因で太らないようにしていくためにシボガードを使うというようにしていくのは実はダイエット効果を高めるなら最強だったりします。

 

葛の花イソフラボンとターミナリアベリリカはお互いにあまり干渉しないところで効果を発揮してくれる成分なのでダイエット目的で併用すれば相乗効果も十分に実感できるようになっています。

 

痩せたいけど食べたいし・・・運動はそんなにはできないしな・・・という方についてはシボガードで食事面で太る要因をカットしながらもシボヘールでお腹の脂肪を減らすのが近道になります。

 

同じメーカーのサプリということもあって相性については非常にいいものとなっているので、予算的に月に5,000円くらいまで出せるということであれば2つを併用して使っていくことを検討してみるのもいいかもしrません。

 

シボヘールの公式ページを見てみる



>>シボヘールを3ヶ月飲んだ口コミ・効果はこちら

 

 

 

>>シボガードを1ヶ月飲んだ口コミ・効果はこちら

 

葛の花ダイエットサプリを全種類比較したランキング

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲