ベジーデル酵素粒はいつ飲むのが最適?飲み方3大ポイント

ベジーデル酵素粒はいつ飲むのが最適?飲み方3大ポイント

ベジーデル酵素粒はダイエット効果や便通の改善効果などといった様々な効果が期待できますが、少しでも効果を高めるためにはいつ飲むのが最適なのかというところは気になる所ではないでしょうか。

 

今回はベジーデル酵素粒はいつ飲むのが最もその潜在的な効果を発揮できるのか、飲み方のポイントについて解説していきます。

 

>>ベジーデル酵素粒の総合レビュー記事をみる

 

ベジーデル酵素粒を飲むなら食前がお勧め

メーカーから推奨されているのは1日3粒と言ったような量に関してのみですので、いつ飲めばいいか迷ってしまうところがあると思うのですが、ベジーデル酵素粒の効果を少しでも高めたいなら食前がおすすめです。

 

なぜ食前に飲むのがおすすめかと言うと、人間の体というのは基本的にはお腹の中が空っぽになっている状態の方がその後にお腹に入ってきたものを吸収しやすくなると言われています。

 

そのため、ベジーデル酵素粒に含まれる酵素を始めとした栄養分を少しでも吸収しやすいように食前に飲むことで効果を高めることが出来ます。

 

ここがポイント

多少吸収が良くなるからと言ってなぜそこまで食前にこだわるかと思われる方もいると思うのですが、食べ順ダイエットなど存在しているように栄養素を摂取する順番というのは想像以上に大事な部分です。

 

食べ順の場合は先に食べたものの方が吸収しやすく、後に食べた方が吸収しにくいという特徴から先に野菜などを食べるようにして、次に魚やお肉でタンパク質を摂り、最後に主食となるご飯などの炭水化物を食べるのがダイエットにも最適と言われているからです。

 

ここを理解しておくと自ずとベジーデル酵素粒も食前に飲むべきである理由がわかってきますね。

ちなみに1日3粒となっていますが、出来るだけ飲む時間は分けた方が体内に酵素がバランスよく行き渡るので朝食の前、昼食の前、夕食の前と3回に分けて摂取するのがおすすめです。

 

食前に飲むのを忘れて食べてしまったらどうする?

食事の前にお腹が空いていたりすると、早く食べたい!という気持ちの方が強くなってしまってベジーデル酵素粒を食前に飲むということをうっかり忘れてしまったということも出てくるかと思います。

 

その場合は下手にその食後には飲まずに次回の食事の前に2粒飲むと言ったようなことはせずに、食後でも構わないので1粒飲むようにしましょう。

 

 

 

ベジーデル酵素粒は食事前に飲んで糖質の吸収を抑えたりするようなダイエットサプリとは違い、酵素の力で体内環境を改善していくものですので、食後に飲んだから全く効果がないというものではありません。

 

どちらかと言うと食前の方が良いと言うだけで、飲み忘れてしまったのであれば普通にその食後に飲んでも構いません。

 

>>ベジーデル酵素粒の総合レビュー記事をみる

 

飲み方についての注意ポイント

ここまで飲み方のタイミングについて主に解説してきましたが、そのほか飲み方についての注意点もあります。

 

このような飲み方は避けて下さい

  • 熱い飲み物と一緒に飲む
  • 牛乳などの乳製品と一緒に飲む

 

酵素というのは熱いものにはめっぽう弱いという性質がありますので、熱い飲み物と一緒に飲むのは厳禁です。あまり熱い飲み物と飲むこともないとは思いますが、万が一48℃以上の温度の飲み物と一緒に飲んでしまうと酵素が破壊されてしまいます。

 

また、熱いものの他に牛乳も酵素とは相性が悪いので一緒に飲まない方がいいですね。基本的には水か冷たいお茶、ぬるま湯などで飲むのが最適であると言えます。

 

ベジーデル酵素粒を実際に使って感じた効果と本音のレビュー