便秘には善玉菌のチカラとすっきりフルーツ青汁どちらが効果的?

便秘には善玉菌のチカラとすっきりフルーツ青汁どちらが効果的?

フジッコの善玉菌のチカラ、ファビウスのすっきりフルーツ青汁はどちらも便秘解消に効果があるということが公式ページに書かれています。

 

ではこの2つを比較して、どちらの方が便秘に対してより効果的なのかという視点でそれぞれの成分を詳しく比較しながら考察していこうと思います。

 

配合されている乳酸菌の種類の比較

 

便秘解消につながる決め手となる成分は何と言ってもやはり乳酸菌です。すっきりフルーツ青汁は青汁ですが、乳酸菌が含まれています。そして善玉菌のチカラについてももちろん乳酸菌は含まれています。

 

しかし、実は乳酸菌は乳酸菌でも含まれている乳酸菌の種類にはそれぞれ違いがあります。ではその乳酸菌の違いを見ていきましょう。

 

 

すっきりフルーツ青汁

善玉菌のチカラ

商品写真

 

 

乳酸菌の種類

スポルス乳酸菌&ラクリス乳酸菌

クレモリス菌FC株

乳酸菌の特徴

すっきりフルーツ青汁に含まれているスポルス乳酸菌とラクリス乳酸菌は「有胞子乳酸菌」と呼ばれるものになっており、その特徴としては熱に強いため、胃酸や胆汁などの影響で死滅せずに生きたまま乳酸菌が腸に届くとされています。

 

腸に届いた乳酸菌の働きによってウェルシュ菌などの悪玉菌を破壊して善玉菌を増やします。

 

有胞子乳酸菌の「胞子」によって熱や酸にも負けない乳酸を生成できるため加工食品やサプリ、錠剤などにも利用でき、腸内環境を整備することができます。

善玉菌のチカラに含まれているクレモリス菌FC株という乳酸菌はカスピ海ヨーグルトのみに含まれている非常にレアな乳酸菌です。

 

カスピ海ヨーグルトを食べたことがあるならその粘り気が凄いことに気づくと思いますが、その粘り気の効果で乳酸菌の中で唯一大腸まで生きた乳酸菌が届くとされています。

 

クレモリス菌FC株を摂取した時はもちろん、その2週間後にも体内から乳酸菌が検出されるという研究結果がでているくらい長い間生き残るということがわかっています。

 

乳酸菌効果の強さ

★★★★

★★★★★

 

というわけで、成分の話になったので少しマニアックになりましたが、比較表に記載した通り、どちらも生きたまま乳酸菌が腸に届くということがメリットとして挙げられるので、効果があるということは間違いないのですが、特に違うところはクレモリス菌FC株唯一大腸まで届くということと、乳酸菌の生存率が高いためより長い間お腹の中で生き残るということでしょう。

 

スッキリ博士の総まとめ

このように乳酸菌の比較結果から、どちらが便秘に対して効果が高いかというと、善玉菌のチカラに軍配が上がるといって間違いありません。そのため便秘がちでお腹周りが気になる場合は善玉菌のチカラを選んだ方がより早く効果を実感できるでしょう。

 

ただし、便秘やお通じに関しては善玉菌のチカラの方が優勢だとはいえ、比較しているのはあくまでサプリと青汁ですから、それ以外の効果については全く違ったものになってきます。

 

便秘解消以外の効果については個別に詳しいレビュー記事を作成しているので、気になる方はそちらをチェックしてみて下さい。

 

善玉菌のチカラを実際に使って効果を検証したレビュー記事

 

すっきりフルーツ青汁を飲んで感じた効果を解説したレビュー記事