過敏性腸症候群は漢方薬と乳酸菌サプリで費用対効果が高いのは?

過敏性腸症候群は漢方薬と乳酸菌サプリで費用対効果が高いのはどっち?

過敏性腸症候群の症状を何とか抑えるためには自宅で出来ることと言えば市販薬を買ってくる他に漢方薬や乳酸菌サプリを飲むという方法があります。

 

今回はそれらの中でも特に漢方薬乳酸菌サプリではどちらの方がより安全で効果的なのか、そして費用対効果を考えた時にコスト的に有利になってくるのはどちらになるかといった比較をしていきたいとい思います。

 

過敏性腸症候群に対する漢方薬の効果と特徴

過敏性腸症候群(IBS)を改善させるためには下痢や便秘の症状に合わせた漢方薬を使うことはある程度の効果が期待できます。やはり漢方薬というのはいくつもの生薬を組み合わせることによって作られているものですので単純に症状を改善させるだけではなく自然治癒力を高めていくことも可能となるので市販薬などよりも副作用なく使っていくことができるのがメリットと言えます。

 

漢方薬の難点としましては、症状改善に対して即効性はあまりないというところでしょう。

 

過敏性腸症候群はその症状の重さにもよりますが、漢方薬は基本的に即効で症状を改善させるというものではなく体質を少しづつ改善させていくことで最終的にゆっくりと過敏性腸症候群を治していくというスタンスになっています。

 

そのため、急を要する場合や遅くとも1〜2か月以内には症状を改善させたいという期待をすると少し肩すかしをくらう可能性はあります。

 

過敏性腸症候群に対する乳酸菌サプリの効果と特徴

一方で乳酸菌サプリの場合はまた少し漢方薬とは違ったアプローチの仕方で過敏性腸症候群を改善する効果があります。漢方薬ではゆったりと体質を改善させていくことで少しづつ症状を改善させていくというものでしたが、乳酸菌サプリは飲んでいくことによってダイレクトに腸の中の悪玉菌を減少させて善玉菌を増やして行くことが可能となります。

 

過敏性腸症候群の症状が出てしまう大元の原因と言えるのが悪玉菌ですから、それを比較的早い段階で直接減らして行きながら悪玉菌が住み着きにくい腸内環境に改善できるので効果が出てくるスピードは漢方薬よりも早いと言えるでしょう。

 

現にスッキリ博士が突如過敏性腸症候群によってお腹にガスが溜まってパンパンに張ってしまったときも1週間かからずに症状を抑えることができました。

 

漢方薬と乳酸菌サプリではどちらの方が費用対効果が高いか

漢方薬と言えば有名どころとしてツムラの漢方薬などがありますが、基本的に価格は高いです。どれくらいの価格かと言うと、24包(12日分)ほどで税込3,780円ほどとなっています。

 

また漢方薬の場合は12日で症状を改善させるのは難しいのでどうしてもそれをリピートしながら使い続けなければいけなくなってしまいます。

 

そうすると3か月で症状を改善できたとしてもかかる費用としては最低でも26,470円ほどとなってしまいます。

 

一方で乳酸菌サプリであれば私が使っていて効果が高いと実感できている乳酸菌革命は1袋(62粒)の1か月分で2880円です。

 

また、もう一つ私が過敏性腸症候群による腹部の膨満感を解消した際に使用した善玉菌のチカラであれば2,550円で1か月分の単品購入が可能です。

 

症状によっては1か月以内に過敏性腸症候群を改善できる可能性も十分ありますし、かりにもう少しかかったとしても費用対効果は乳酸菌サプリの方が高いと言えるでしょう。
ぜひご参考にして頂いて少しでも早く症状が改善できるようにして頂ければと思います。

 

乳酸菌革命のレビュー記事をよむ

 

善玉菌のチカラのレビュー記事をよむ


 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ