酵素青汁111選はいつ飲むのが最適?飲み方による効能の違い

酵素青汁111選はいつ飲むのが最適?飲み方による効能の違い

酵素青汁111選といえば青汁と酵素などの栄養素がギュッと凝縮されたダイエットサプリメントとして人気です。

 

 

 

1日2粒飲むだけで青汁37.8杯分の栄養素が摂取できるということで、野菜不足な生活を簡単にカバーすることが出来る上に野菜が持っている本来の強みである酵素のパワーを余すところなく実感することができます。

 

そんな酵素青汁111選ですが、飲むタイミングによって得られる効果に違いが出てくる可能性があります。

 

せっかく飲むのであれば一番効果が高いタイミングを見計らって飲んだほうが実感できる効果のレベルもある程度変わってくるので、ベストなタイミングで飲みたいところですよね。

 

酵素青汁111選の効果と口コミ体験談はこちら

 

 

酵素青汁111選はいつ飲むべき?

酵素青汁111選は薬品とは違ってサプリメントですので必ずいつ飲まないといけないというような決まりは特にありません。
ただし効果を最大限まで高めたい場合は、その高めたい効果と目的に合わせて飲むタイミングを決めていくようにしましょう。

 

 

野菜不足を解消させたい場合

主に栄養補給を目的として野菜不足などを解消させたいというのが目的の場合は、朝起きた後すぐに2粒まとめて飲むのがオススメです。

 

睡眠中は思いの外エネルギーを消費しているものですので、朝起きた時は体が酵素青汁などの栄養素を吸収しやすい状態になっています。
なので冷えた水で酵素青汁111選をグイッと飲むようにすれば野菜の栄養素が体内の隅々まで行き渡るようになります。

 

ダイエット目的で飲む場合

酵素青汁111選のダイエット効果を最大限にまで高めたいという場合は食事前に飲むのが最適です。特に食事前の空腹時に食物繊維たっぷりの酵素青汁を飲むと満腹中枢が適度に刺激されるので過食を防ぐことが出来るようになります。
また青汁成分によって血糖値の上昇が緩和されるので食べても太りにくい状態となります。

 

 

 

1日2粒目安なので、朝食前に1粒、夕食前に1粒といった使い分けでもいいですし、夕食がいつも多く鳴ってしまうという場合は夕食前に2粒というように使い分けて飲むようにするのが理想的ですね。

 

2粒の使い分けについては自身の生活スタイルに合わせて使うようにして行けば大丈夫です。

 

便秘の解消が目的の場合

もし現状便秘によって悩んでいてそれを酵素青汁111選の効能で緩和させたいとか、一気に便秘を解消させたいという目的がある場合は、就寝前に2粒飲むのが効果的です。

 

ちょうど寝ている間に酵素が腸内環境を整えてくれるようになるので、朝起きた時にお通じがスッキリするようになります。
ただし、酵素青汁111選には食物繊維も配合されているので、寝ている間に腸が動く場合があり、それが原因でなかなか寝つけない人もでてくるかもしれません。

 

もし睡眠時に気分が悪くなるようなことがある場合は、飲む時間を少し早めるなどして調整していきましょう。

 

実際に酵素青汁111選を様々なタイミングで使ってみて感じた飲むタイミングや時間による効果の違いについて詳しく解説していこうと思います。

 

酵素青汁111選を飲むベストタイミング

今回実際に酵素青汁111選を取り寄せて使ってみたのですが、以下のようなタイミングで使ってみました。

 

  1. 朝起きてすぐ
  2. 朝食の10分前
  3. 朝食の10分後
  4. 昼食の10分前
  5. 昼食の10分後
  6. 夕食の10分前
  7. 夕食の10分後
  8. 夜寝る30分前
  9. 運動をする30分前
  10. 運動をする30分後

 

この中で効果別に最も効率よく使うことができたタイミングをいくつかピックアップしてご紹介していこうと思います。

 

疲れやスッキリ感が高かったタイミング

今までその日の疲れや前日の疲れが持ち越していたのか、結構な割合で1日中疲れてだるいことがありました。

 

酵素青汁111選には疲労などを改善させることができるアミノ酸などが大量に含まれているモリンガを主成分として使っているということもあって、溜まっていた疲れなどをスッキリと解消させることができるようになっています。

 

疲れというのは寝起きの段階で体の疲労感が残っているかどうかでその日1日の体調が決まったりするものです。
酵素青汁111選には疲労回復効果や成長ホルモンを促進する作用がある亜鉛もケールの7倍以上の配分量で含まれているので寝ている間にたまった疲れを効率よく除去することができるようになっています。

 

その効果を最も高めることができるのは夜寝る30分前のタイミングで酵素青汁111選を1〜2粒程度飲むということです。

 

今まで寝起きが悪くて1日中体調が悪かったり疲れが残っていたというような人は就寝前に酵素青汁111選を飲めば結構びっくりするくらい目の奥からスッキリとしていて疲れが取れている感覚を体感できるかと思います。

 

ダイエット効果が最も高いタイミング

酵素青汁111選がダイエットに適している理由はたっぷりと含まれている酵素成分とアミノ酸などによって体の中にたまってしまっている脂肪をスムーズに燃焼したり、低下している代謝機能を促進することができるからです。

 

ダイエット目的で使う場合はおすすめのタイミングが2つあります。

 

まず一つ目が運動をする30分前です。

 

このタイミングでは運動をしながら脂肪を燃焼させるという方法でダイエットに取り組む方に、その運動による効果をグッと高めることができるという効果を追加で得ることができるようになっています。
これは黒酢の45倍以上含まれているアミノ酸成分がその働きをサポートしてくれるために得られる効果となっています。

 

そして2つ目は;朝食の10分前です。

 

こちらの場合は特に意識的に運動はしないけれども食事の調整などによってダイエットをしていきたいという場合に効果的です。

 

食事の前に飲むことで食事の際に吸収される栄養を分解しつつ、モリンガの効果によって満足感がいつもよりも増すようになるので、余計なタイミングで間食などをしてしまってカロリーオーバーになる心配が少なくなります。

 

さらに朝食前に飲んでおけば代謝がアップして日中に何か仕事や家事などで体を動かしたときに消費できるエネルギーを高めることもできるので一石二鳥の効果が期待できるようになります。

 

体への吸収と栄養補助に最適なタイミング

ダイエットというよりも栄養不足の解消を目的として酵素青汁111選を飲むという場合は夕食の10分前に飲むのが適しています。

 

夕食時は体に吸収される栄養素が最も多くなるタイミングでもあるので、その前に酵素青汁111選を飲むようにすることで栄養の吸収率をさらに高めることができるようになります。

 

もちろん酵素青汁111選自体にもこんな小さな粒の中に信じられないほどたっぷりの栄養素が含まれているので野菜不足などをこれ一つでも十分に解消することができるようになっています。

 

また夕食後から寝るまでの間についつい間食をしてしまいがちな人も少なくないと思いますが、酵素青汁111選を夕食前に飲んでおくことでモリンガによる食欲抑制作用が働いて食後の空腹感などに襲われることがなくなります。

 

スッキリ博士のまとめ

酵素青汁111選はサプリメントといえども、その枠に留まらないほどたくさんの栄養素が入っているので、飲み方一つで効果も大きく違ってきます。自分の目的に合わせていつ飲むのが適しているのか大体理解できたと思います。

 

後は毎日コンスタントに飲み続けるということでしっかり自分の習慣として取り入れるようにしていけば、自ずと期待どおりかそれ以上の効果が実感できるようになります。

 

青汁サプリメントなのに大幅なダイエット効果もあるということで注目の酵素青汁111選ですが、その効果を最大まで引き出すためにはいつ飲むのがベストなのかというところも気になりますよね。