コレステロール値が高いのは肥満の原因になる?関係性について考察

コレステロール値が高いのは肥満の原因になる?関係性について考察

 

 

コレステロール値が高いと健康診断などでも再検査になったり、悪い判定が出てしまうことが増えてきますが、コレステロールの高さは肥満の原因になるのでしょうか。

 

コレステロール値が高い人は痩せている人よりもぽっちゃりと太っている人の方が確かに多い印象はあります。

 

もしそうなら肥満を解消すればコレステロールが下がることにもなりますし、コレステロール値を下げるための対策をすれば痩せることが可能になるということにもなりますよね。

 

今回はコレステロールが高いことと肥満の関係性について考察していきます。

 

>>すぐにコレステロールを下げる方法を知りたい方はこちら

 

コレステロールは肥満の原因になる?

まず結論から言いますと、コレステロールが高いことは必ずしも肥満に直結するというわけではありません

 

コレステロール値が高い人で太っている人が多いイメージはありますが、逆に痩せているのにコレステロールが高いという人もいます。

 

ということはコレステロール値と絶対に太るということではないといえますよね。

 

ただ、コレステロール値が高くなる原因には肥満になる原因も数多く存在しているので結果的にコレステロール値も高くなって太ってしまう人が大半を占めるようになっているというわけです。

 

コレステロール値が高くなる原因をみるとわかりやすい

結構話が複雑な感じになっているので、よくわからない人もいると思います。

 

まずはコレステロール値が高くなる原因である習慣などを見てみるとすぐに納得できると思います。

 

  • 脂肪の多い食事を頻繁にとっている
  • 運動が不足している
  • 親から体質が遺伝している

 

だいたいこの3つのどれかに当てはまっている人が多いと思います。

 

脂肪が多い食事ばかり食べて運動が不足しているとなるとほとんどの人は痩せた体型よりは太り気味になってしまうはずです。

 

親から体質はある程度遺伝で引き継がれるものですが、親がコレステロール値が高い人だとその部分を引き継いでしまうというケースもあります。

 

たまたま両親のどちらかが高コレステロール体質で肥満ではない体型だったりすると、それをそっくりそのまま引き継いてしまっているという可能性もあります。

 

ただそれ以外の原因はどれもコレステロールが高いことと肥満の原因は共通していることがわかりますよね。

 

肥満になっているとコレステロールが高くなりやすい

 

 

 

コレステロールが高い状態でも必ず肥満になるわけではないですが、肥満の場合は平均よりもコレステロール値が高くなりやすいと言われています。

 

炭水化物や糖質の摂取が多くなっていると中性脂肪が増えるので結果的に悪玉コレステロールが増加してしまう傾向にあります。

 

中には太っている人であっても適切なコレステロールバランスを保っている人もいますが、そういう方は脂肪と筋肉が共存して自分なりの生活習慣を成り立たせている人です。

 

パワーが必要なスポーツをしている人などは太くみえる体型をしていても体の中のバランスは取れていたりします。

 

しかし、ただだらしない生活を続けて肥満になっている場合は肥満になりなおかつコレステロールが高くなる可能性が極めて高いということです。

 

コレステロールを下げながら肥満も改善するには?

基本的にコレステロール値が高くなる原因と肥満の原因は共通点が非常に多いので、正しいダイエットをすれば自然とコレステロール値も体重も落ちていきます。

 

肉より魚を多めにする

 

 

肉食系で脂分が多い食事を多くとっている人は脂肪を蓄えてしまうのでコレステロール値も高くなりがちです。

 

しかし青魚などを中心の食生活に切り替えると、DHA・EPAなどを手軽に摂取することができるので善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすことができます。

 

青魚に苦手意識を持っている人も残念ながら多いですが、食べてみれば美味しいですし肉の3割の魚7割くらいにバランスを変えるだけでも違います。

 

青魚がどうしても食べられない人はDHA・EPAが配合されたサプリなどを使って対策をするのも一つの手です。

 

コレステロールを下げてダイエットもできるサプリがある

 

 

もっとも手軽に今回の悩みを改善していきたいなら総コレステロールも悪玉コレステロールも下げてダイエットにも効果があるサプリメントを使うのが一番です。

 

DMJえがお生活が販売しているコレステ生活というサプリメントがあるのですが、プロシアニジンという有用成分がコレステロールの吸収を抑制して体外へ排出するサポートになります。

 

この効果については臨床試験済みで科学的な根拠もあるので、機能性表示食品として受理されています。

 

普通に対策をしようとするといきなり食生活を激変させたり、これまで運動をしていなかったのに急に毎日運動をするなど無理なところがどうしてもあると思います。

 

ただサプリメントを使えば無理に生活習慣を変えたりしなくてもコレステロール値を下げてダイエットも成功に導いていくことができます。

 

コレステ生活を実際に使った体験談を見てみる

 

この記事のまとめ

今回はコレステロール値が高いことと肥満であることの関係性を両方の視点から考察をしてきました。

 

必ずしも肥満ならコレステロールが高いとも限りませんが、共通している原因が多いので統計するとコレステロールが高い人は太っているケースが多くなっています。

 

高いコレステロールも肥満も放置しておくと今後の病気のリスクがかなり高くなってしまいます。

 

自分でコレステロールが高いことを自覚しているのであれば早めにできる対策をしておくことをおすすめします。

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲

関連ページ

太りやすい体質をウソのように改善するためにすべき3つの事
基礎代謝が低い3つの原因と基礎代謝をあげる方法
人と同じ量を食べているのに自分だけ太る理由は何?
日本人で太りやすいのは遺伝が原因?
中性脂肪がやばい?中性脂肪を減らすおすすめサプリ
肝臓に脂肪がついている脂肪肝を改善できるおすすめサプリ!
リバウンドを防ぐ!痩せにくい身体を変えて体重を戻す3つの秘訣とは
運動しながら痩せるために効果的なサプリは?
ダイエット食品が効果なしと断言できる理由とは?逆に太る危険性について
中性脂肪は食事で改善するのは難しい!酵素サプリで下げる上手な対策
すぐ胃もたれするのは病気?原因と『具体的』な改善方法
リポドリンの効果と副作用!安全にダイエットに使える?
痩せにくい年齢になってきたと感じた「今」すべき対策とは?
食べたらお腹痛い!食後の腹痛と下痢が酷い原因と対策方法
食後の血糖値上昇が気になる!サプリを上手く活用した高血糖を対策
やせメタボとは?今からでも間に合う具体的な対策方法
食べても太らない体質が羨ましい!サプリを使って体質改善する方法
血糖値と肥満の関係性は?ダイエットには血糖値対策が最適な理由
加齢は血糖値上昇の原因になる?年齢による影響と正しい対策
健康診断で血糖値が高いと診断された!簡単に血糖値を下げる方法とは
食事の対策では血糖値が下がらない理由とは?
運動だけでLDLコレステロールは下がるか?本気で対策をするには?
BMI30以上はヤバイ?知らないと怖いリスクとダイエット方法
【大正製薬】大正DHA・EPAを徹底レビュー!使用後の口コミ評価
【大正製薬】血圧が高めの方のタブレットを購入!実際に飲んだ口コミ
【大正製薬】血圧が高めの方の健康緑茶を実際に飲んだ口コミ・評価
血流改善のために選ぶべきサプリは?おすすめサプリ5選
体脂肪を減らす方法まとめ!サプリや漢方だけで減らせる?
【小林製薬】EPA・DHA α-リノレン酸の効果と本音口コミ
血圧は痩せると下がるの?ダイエットと血圧の関係性とは
褐色脂肪細胞とは?活性化させることで得られるダイエット効果が凄い