加齢は血糖値上昇の原因になる?年齢による影響と正しい対策

加齢は血糖値上昇の原因になる?年齢による影響と正しい対策

 

 

加齢が原因で血糖値が上昇するということは現実的に起こりえるのでしょうか。

 

やはり若い時は全く血糖値が影響することによるトラブルなどはなかったのに年齢が上がってきたために血糖値トラブルが起こる頻度が増えてきてしまうということはよくあることです。

 

なぜ加齢によって血糖値が上昇しやすくなるのか。そして年齢によって血糖値トラブルが起こるリスクを減らしていくためにできる対策方法などについてまとめていこうと思います。

 

加齢は血糖値上昇の原因になるのか

 

 

血糖値が上昇するのには様々な要因が考えられるわけですが、加齢は間違いなくその原因の中の一つに入ってきます。

 

血圧や血糖値は生活習慣が乱れると上昇しやすくなるという傾向があるのですが、まだ年齢が高くない間は生活習慣が乱れていてもその期間がまだ短いので血糖値などのような目に見えてわかりやすい数値などになって現れない場合がほとんどです。

 

しかし、年齢があがるということは悪い生活習慣を続けている期間もそれだけ長くなるということでもあるので、どうしてもその長期間に渡る乱れた生活習慣の影響が血糖値に現れる可能性は高くなります。

 

また、生活習慣や食生活などに問題がなかったとしても加齢によって年齢が上がるということは代謝の低下やホルモンバランスの乱れなどが起き始める原因を作ります。

 

血糖値があがらないための何らかの施策などを行うようにしないとこの血糖値上昇や体内の酸化を抑制するのが難しいのが現実です。

 

加齢による血糖値上昇を放置するとどうなる?

 

 

それでは年齢が上がってきてデフォルトで血糖値が高い状態になってしまったり、食後に血糖値が上がりやすい状況になってしまうと何が問題なのでしょうか。

 

血糖値が高いといってもその影響が目に見える形で現れない限りはなかなか危機感などを感じることもないので放置してしまったり、血糖値が高いという現実から目を背けてしまうこともあるのではないかと思います。

 

しかし、年齢が高くなるにつれて血糖値の高さによる影響を受けてしまう可能性も上昇するので放置しておくことは健康リスクが増え続けることに等しいことです。

 

血糖値が高い状態を放置するとこうなる

  • 糖代謝が悪くなり肥満になる
  • 手足が頻繁にしびれるようになる
  • お腹まわりの内蔵脂肪が増える
  • 高血圧や動脈硬化につながる

 

どれも危険性があるものや、不快な症状が伴うものばかりです。特に糖尿病などにかかってしまうと入院や投薬治療などが必要になってきますしつらい症状がその後ずっと続くことになるので可能な限り防いでいきたいところです。

 

血糖値が高いことが原因で肥満になってしまうと、今度はその肥満が原因で血糖値を抑えるために必要となるインスリンというホルモンが分泌されにくくなるのでさらなる高血糖や食後の血糖値上昇が激しくなることがあります。

 

簡単にまとめると高い血糖値は放置してはいけないということです。

 

加齢による血糖値上昇を止めることはできる?

それでは加齢によって血糖値が上昇しやすくなってしまったり、通常時から高めの血糖値になってしまう状態を止めることはできるのでしょうか。

 

答えはYESです。

 

きちんと正しい血糖値対策を行うようにすることで、既に加齢が原因で高まってしまった血糖値を下げることは可能ですし、血糖値が簡単に上がってしまうような体質から改善していくことも可能です。

 

糖尿病になってしまっては手遅れになるので、健康診断や血液検査などで少しでも高血糖の疑いがあるということがわかっているならすぐにでも血糖値の対策をはじめるのが理想的です。

 

年齢による血糖値の上昇を抑えるための対策は?

まず基礎的な対策としてできるには食事の調整から運動量の確保など色々とできることがあります。

 

食事での調整

過食や偏食は血糖値を上昇させる大きな原因になるので、お腹いっぱいになるまで食べないようにすることや偏りの少ないバランスの取れた食生活を送るようにするといいです。

 

丼ものやバーガーなどのような一品物や油や糖の多い食事が多くなると間違いなく血糖値上昇の原因になるのでできるだけそういったものは控えるようにするべきです。

 

運動不足を改善

また運動不足による基礎体力や筋力の低下も糖の消費量が少なくなって血糖値が下がりにくくなる原因になるので歳だし・・・と億劫にならずに定期的に運動などは行うようにしていく方がいいです。

 

サプリメントでの対策

血糖値を下げる薬なども存在しますが、糖尿病などになる前の時点で薬に頼って対策をするのは抵抗がある人も多いでしょう。

 

血糖値の対策にはサプリメントを使うという方法もあるのですが、その場合は薬にあるような副作用の問題や通院しなければならないという時間的な手間やストレスを感じる必要がありません。

 

血糖値対策のサプリメントには色々と種類がありますが、特に私が使ってきた中ではALAという今エイジングケアと血糖値の対策効果で話題になっている成分が配合されるアラプラス糖ダウンが最もわかりやすい効果を素早く感じることができるサプリとして評価しています。

 

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウンは空腹時と食後の血糖値上昇という肥満や高血圧などの大きな原因になる問題点を解消することができる血糖値対策系のダイエットサプリです。

 

消費者庁に確かな効果を認められている機能性表示食品なので安心して血糖値対策や肥満防止に使っていくことができます。

オススメ

 

 

この記事のまとめ

今回は加齢による血糖値の上昇が起こるのかという点や、年齢で上がってしまった血糖値を放置しておくことの危険性、そして正しい対策方法についてお伝えしてきました。

 

血糖値を軽視してしまうと後で苦しむことになるのは自分自信ですし、場合によっては周囲の家族に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

 

早めの対策で年齢に影響されない健康を手に入れるようにしていくのが理想的ですね。

 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ

 

 

 

 

関連ページ

太りやすい体質をウソのように改善するためにすべき3つの事
基礎代謝が低い3つの原因と基礎代謝をあげる方法
人と同じ量を食べているのに自分だけ太る理由は何?
日本人で太りやすいのは遺伝が原因?
中性脂肪がやばい?中性脂肪を減らすおすすめサプリ
肝臓に脂肪がついている脂肪肝を改善できるおすすめサプリ!
リバウンドを防ぐ!痩せにくい身体を変えて体重を戻す3つの秘訣とは
運動しながら痩せるために効果的なサプリは?
ダイエット食品が効果なしと断言できる理由とは?逆に太る危険性について
中性脂肪は食事で改善するのは難しい!酵素サプリで下げる上手な対策
すぐ胃もたれするのは病気?原因と『具体的』な改善方法
リポドリンの効果と副作用!安全にダイエットに使える?
痩せにくい年齢になってきたと感じた「今」すべき対策とは?
食べたらお腹痛い!食後の腹痛と下痢が酷い原因と対策方法
食後の血糖値上昇が気になる!サプリを上手く活用した高血糖を対策
やせメタボとは?今からでも間に合う具体的な対策方法
食べても太らない体質が羨ましい!サプリを使って体質改善する方法
血糖値と肥満の関係性は?ダイエットには血糖値対策が最適な理由
健康診断で血糖値が高いと診断された!簡単に血糖値を下げる方法とは
食事の対策では血糖値が下がらない理由とは?
運動だけでLDLコレステロールは下がるか?本気で対策をするには?
コレステロール値が高いのは肥満の原因になる?関係性について考察
BMI30以上はヤバイ?知らないと怖いリスクとダイエット方法
【大正製薬】大正DHA・EPAを徹底レビュー!使用後の口コミ評価
【大正製薬】血圧が高めの方のタブレットを購入!実際に飲んだ口コミ
【大正製薬】血圧が高めの方の健康緑茶を実際に飲んだ口コミ・評価
血流改善のために選ぶべきサプリは?おすすめサプリ5選
体脂肪を減らす方法まとめ!サプリや漢方だけで減らせる?
【小林製薬】EPA・DHA α-リノレン酸の効果と本音口コミ
血圧は痩せると下がるの?ダイエットと血圧の関係性とは
褐色脂肪細胞とは?活性化させることで得られるダイエット効果が凄い