褐色脂肪細胞とは?活性化させることで得られるダイエット効果が凄い

褐色脂肪細胞とは?活性化させることで得られるダイエット効果が凄い

褐色脂肪細胞 

 

効率よく痩せるために役立つ知識として褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)は必ず知っておきたいポイントの一つです。

 

褐色脂肪細胞とはその名前からも想像できる通り身体の中の脂肪細胞の一種となります。人間の身体の中には必ず褐色脂肪細胞が存在しているのですが、その状態によって太りやすいか太りにくいかという体質にも影響してくることになります。

 

ここではそもそも褐色脂肪細胞とは何なのか?という点や、活性化することで得られるダイエット効果などについて細かく解説していこうと思います。

 



褐色脂肪細胞とは何者なのか?

褐色脂肪細胞って? 

 

褐色脂肪細胞とはそもそも何なのか?というと、体の中でエネルギーを燃焼して体温の上昇を促す働きなどがある細胞となっています。

 

車で言うところのエンジンのような役割が体内の褐色脂肪細胞にて行われているということになります。

 

褐色脂肪細胞の働きが活性化されている状態だと食事などから摂取した食べ物などに含まれる脂肪分もエネルギーとして消費して体内に熱を放出することができるので肥満を抑制する事ができるようになります。

 

肉料理とか高カロリーな揚げ物などを食べたらその後に体がすごく熱くなって汗をかいたりすることがあると思います。これについても褐色脂肪細胞が働いている証拠なのです。

 

褐色脂肪細胞の働き方は個人差が大きい

普段から褐色脂肪細胞を活性化しよう!と意識をして生活をしている人はほとんどいないと思います。

 

それでも体型や体重が人によって全く違っていたり、同じ量の食事を食べているのに体重や体脂肪が全く違っているのは褐色脂肪細胞の働き方そのものに個人差がかなりあるからです。

 

褐色脂肪細胞の働きについてももともと両親の体質から遺伝してくることが多いので生まれたときからその働き方はある程度決まっていると考えられます。しかしそれでも日常生活における努力や工夫次第で褐色脂肪細胞を自分の意思で活性化させるということもできます。

 

食べているのに痩せている人は努力しなくても最初から褐色脂肪細胞の働きが活発なのです。

 

普通くらいに食べているだけなのに太っている人は残念ながら褐色脂肪細胞の働きは遺伝などの要因で悪い状態なので普通の食事量でもエネルギーが燃焼しきれずに脂肪とした溜まる確率が高いということになります。

 

白色脂肪細胞との違いは?

褐色脂肪細胞を調べていると必ず「白色脂肪細胞」の話も出てくると思います。白色脂肪細胞は褐色脂肪細胞とは別もので、摂取カロリーが消費カロリーを上回ったときに蓄積される脂肪のことです。

 

白色脂肪細胞が体内に溜まるようになると脂肪細胞そのものが肥大化して細胞分裂を起こします。そしてまた分裂した細胞が大きくなって・・・というループによって白色脂肪細胞の数が増えていきます。その結果として体内に体脂肪が増えて太ることになります。

 

褐色脂肪細胞はそんな肥満のもととなる白色脂肪細胞を体内のミトコンドリアを利用して燃焼させていきます。そうすることで熱エネルギーを生成してカロリーを消費してくれるようになるのです。

 

簡単にまとめると
  1. 白色脂肪細胞は肥満の原因となる細胞
  2. 褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞を燃やす
  3. 痩せるには白色脂肪細胞の増殖を止める必要がある

 

ただ、白色脂肪細胞も完全にゼロになってしまうといざという時に冷えなどから体を守る燃料がない状態になるのである程度は必要です。あくまでも過剰に増えることを防ぐというのがダイエットや体型を維持するためにひあ必要になるというイメージですね。

 

褐色脂肪細胞をこれから活性化するには?

 

 

それではこれから褐色脂肪細胞を活性化させよう!となったとしたら何から始めれば良いのか?という点についてお伝えしていきます。

 

体を敢えて冷やすことで褐色脂肪細胞を活性化する

ダイエットをするなら体を温めたほうがいいと思われがちですが、実は褐色脂肪細胞を活性化するためにも体を敢えて冷やすという手段も有効です。

 

もちろんやみくもに寒い環境にとどまり続ければいいか?というと決してそうではありません。下手に寒い環境に体を置き続けると風邪を引いたり自律神経が乱れる原因になるだけなので注意しておきましょう。
具体的な対策として行うならば水泳などが最適と言われています。

 

というのも水泳でプールなどに入ると一時的に水温の低さによって体温も低くなってしまうのですが、低くなった体温をもとに戻そうとして褐色脂肪細胞が活性化する仕組みを利用することができます。

 

プールで泳げばその運動量によってエネルギーを消費できるのは当然ですが、それだけではなく褐色脂肪細胞を活性化できるという点からもダイエットを促進できるということになります。

 

泳ぐことが苦手であれば必ずしも泳がなければいけないわけではありません。プールの中を歩くだけでもかなりのエネルギーを消費することができますし、褐色脂肪細胞の活性化という目的は十分に達成することができます。

 

ちなみにプールに入るのはちょっと無理・・・という方についてはお風呂場でシャワーを使って褐色脂肪細胞を直接冷やすという方法もあります。

 

褐色脂肪細胞のある場所
  • 首周り
  • 脇の下
  • 腎臓の周辺
  • 肩甲骨の周辺

 

このあたりは褐色脂肪細胞が多い部分になるので、適度に冷たい温度のシャワーを直接かけて刺激をしていきます。この時にいきなり冷たすぎる冷水などをかけてしまうと心臓に負担がかかってしまうことになるので少しずつ慣らしていくのが理想的です。

 

手のひらや脚の裏などは神経が集中しているので、冷たいものを一定時間あてることで手軽に褐色脂肪細胞を刺激することもできます。

 

具体的な温度としては18℃以下の水温とすることで効率を高める事ができます。もちろんいきなり18℃以下の水温のシャワーを浴びるとかなり冷たく感じて脳や心臓に刺激や負担が発生するので先に23℃とかそのくらいの温度で慣らしてから温度を下げるのが理想的です。

 

褐色脂肪細胞を活性化できる成分を利用する

 

 

褐色脂肪細胞を刺激することができる成分として「葛の花由来イソフラボン」という成分があります。ここ数年の間に様々な研究機関によってその有効性が確認されてきているもので、動物を用いた試験などでも褐色細胞を直接サポートすることができることがわかっています。

 

この仕組みを利用するのに必要となるのは単純明快で葛の花由来イソフラボンを毎日摂取するというだけです。プールで運動をしたり冷水のシャワーを浴びたりといった少なからず精神的な負担がかかる方法とは違って負担が全くないのが一番のメリットとなります。

 

じゃあどうやってその葛の花由来イソフラボンを摂取すればいいの?というと、こちらも単純で葛の花由来イソフラボンが配合されるサプリメントを利用すればいいだけです。

 

最近だと葛の花サプリというサプリメントのジャンルも確率されているので、そうしたサプリを利用してみるのがいいでしょう。

 

参考?葛の花サプリの比較・ランキング最新版

 

また、葛の花由来イソフラボンだけではなく、青魚などに含まれるDHA・EPAなどの成分についても褐色脂肪細胞の活性化に役立つと言われています。DHA・EPAといえば中性脂肪・コレステロールの低減に役立つと言われていますが、それ以外にもダイエットにメリットのある効果があるので積極的に摂取していきたい成分と言えます。

 

魚を多めに食べることで補うのもいいですし、食事だけでカバーできそうにない場合などはDHA・EPAサプリメントを使うのもいいでしょう。

 

参考?DHA・EPAサプリ「きなり」の評価

 

今回の内容をまとめると

褐色脂肪細胞を意識するというのは現実的には難しいところがあると思いますが、褐色脂肪細胞を活性化させるために役立つ行動を習慣化することで特に意識せずともダイエット効果を実感することができるはずです。

 

プールで泳ぐのが効率的ですし、抜群に効果が高いので夏場などの暑い時期こそ体を冷やしつつ運動をして褐色脂肪細胞を活性化させながらダイエットをしていきたいところです。

 

前述しているとおりサプリメントを使った活性化方法もあるので、手軽に素早く確実に褐色脂肪細胞を活性化させてダイエットに取り組みたい場合はサプリメントの導入も検討してみるのがいいですね。

 

褐色脂肪細胞の活性化に最適なサプリ

 

 

▲ダイエットサプリ10種類を徹底比較し効果が高い順にランキングにしています▲

 

 

▲脂肪を燃やすことに特化した燃焼系ダイエットサプリを徹底比較したランキングです▲

 

 

関連ページ

太りやすい体質をウソのように改善するためにすべき3つの事
基礎代謝が低い3つの原因と基礎代謝をあげる方法
人と同じ量を食べているのに自分だけ太る理由は何?
日本人で太りやすいのは遺伝が原因?
中性脂肪がやばい?中性脂肪を減らすおすすめサプリ
肝臓に脂肪がついている脂肪肝を改善できるおすすめサプリ!
リバウンドを防ぐ!痩せにくい身体を変えて体重を戻す3つの秘訣とは
運動しながら痩せるために効果的なサプリは?
ダイエット食品が効果なしと断言できる理由とは?逆に太る危険性について
中性脂肪は食事で改善するのは難しい!酵素サプリで下げる上手な対策
すぐ胃もたれするのは病気?原因と『具体的』な改善方法
リポドリンの効果と副作用!安全にダイエットに使える?
痩せにくい年齢になってきたと感じた「今」すべき対策とは?
食べたらお腹痛い!食後の腹痛と下痢が酷い原因と対策方法
食後の血糖値上昇が気になる!サプリを上手く活用した高血糖を対策
やせメタボとは?今からでも間に合う具体的な対策方法
食べても太らない体質が羨ましい!サプリを使って体質改善する方法
血糖値と肥満の関係性は?ダイエットには血糖値対策が最適な理由
加齢は血糖値上昇の原因になる?年齢による影響と正しい対策
健康診断で血糖値が高いと診断された!簡単に血糖値を下げる方法とは
食事の対策では血糖値が下がらない理由とは?
運動だけでLDLコレステロールは下がるか?本気で対策をするには?
コレステロール値が高いのは肥満の原因になる?関係性について考察
BMI30以上はヤバイ?知らないと怖いリスクとダイエット方法
【大正製薬】大正DHA・EPAを徹底レビュー!使用後の口コミ評価
【大正製薬】血圧が高めの方のタブレットを購入!実際に飲んだ口コミ
【大正製薬】血圧が高めの方の健康緑茶を実際に飲んだ口コミ・評価
血流改善のために選ぶべきサプリは?おすすめサプリ5選
体脂肪を減らす方法まとめ!サプリや漢方だけで減らせる?
【小林製薬】EPA・DHA α-リノレン酸の効果と本音口コミ
血圧は痩せると下がるの?ダイエットと血圧の関係性とは