血糖値と肥満の関係性は?ダイエットには血糖値対策が最適な理由

血糖値と肥満の関係性は?ダイエットには血糖値対策が最適な理由

 

 

血糖値と肥満の本当の関係性をご存知ですか?

 

肥満の人は相対的に普通の体型の人と比べて血糖値が高いことが多いと言われています。

 

しかしダイエットをしようとする人の多くは血糖値には目もくれずに食事の量を減らしたり、とにかく疲れ果てて汗だくになるまで運動をするなどといった方法ばかりとる人ばかりなのが現状です。

 

もちろん食事量を減らして運動もしっかり継続的に行うことができるのであれば、最初はある一定のところまで体重を落として一時的に肥満を改善することはできるかもしれません。

 

ただそういった方法でのダイエットで一番問題なのは体にも精神にも負担が大きくなってきて継続するのが困難になって最後はリバウンドしてしまう確率が非常に高いということです。

 

多くの人の盲点になっている血糖値の対策からはじめるダイエットリスクもなければ負担も少ないので実は非常に効率的なダイエット方法と言えるのです。

 

血糖値と肥満はどのような関係性があるのか

 

 

まず最初に少し触れたように既に肥満である人の血糖値を測ってみるとかなり高い確率で高血糖な状態になっています。

 

高脂肪食や高糖質な食事を多く食べているのに、適度な運動による消費が行われないために糖はエネルギーとして使われずに血液中に増え続けていくからです。

 

ここで一つ混乱してしまう事が多くなりがちなのが「血糖値が高いことが原因で肥満になっている」のかそれとも「肥満だから血糖値が高くなっているのか」ということです。

 

実はこれ、両方とも正しいというのが現状となっています。

 

血糖値が高いと肥満になるのはなぜか

 

 

食後は血糖値が最も高くなりやすい瞬間です。何かを食べて「もうお腹いっぱいだ」と感じるのは血液中のブドウ糖濃度が濃くなってきて血糖値が上昇しているから感じる感覚でもあります。

 

これ自体は誰でも普通に起こる生理現象なのですが、その際の血糖値コントロールが上手く行かなくなってくると血糖値の上昇が直接的に肥満につながってくることがあります。

 

通常は血糖値があがってくるとインシュリンが分泌されて血糖値を下げようとする働きが自動的に行われるようになっていますが、血糖値が高過ぎるとインシュリンもそれだけたくさん分泌されるようになります。

 

すると今度は満腹であるはずなのに空腹感を感じてしまって必要以上に食べてしまうことが多くなるので結果的に摂取カロリーが増えることから肥満に繋がることがあります。

 

インシュリンの増加は脂肪を増やす原因に
血糖値が高くなるとインシュリンが分泌されるというお話をしましたが、実はインシュリンの増加はただ空腹感と満腹感の乱れによる過食だけでなく脂肪を溜まりやすくしてしまうという問題点もあります。

 

インシュリンには脂肪を生成して体内に貯めこむという働きもあるので、その量が増えるということは脂肪が溜まりやすくなるということでもあるので注意が必要なのです。

 

肥満であることは血糖値を高くする原因になる

 

 

既に肥満体型である人はヘパトカインと呼ばれるホルモンの分泌量が多くなることが原因で今度はインシュリンの働きを弱めてしまうことによって血糖値が下がりづらくなるという問題が発生するようになります。

 

本来インシュリンがあるから血糖値を下げることができるはずなのに、たくさんのインシュリンが分泌されているにもかかわらずそれに見合った血糖値低下作用が得られないことになるということです。

 

肥満であるがゆえに血糖値は下がらず高いままになり、それがまたさらなる肥満化や病気などの原因になる。もうまるで悪夢のような悪循環が続いてしまうことになってしまいます。

 

血糖値のコントロールがダイエットや肥満防止には必要である

 

 

ここまでにお伝えしてきた内容からもわかるように肥満の対策をしてダイエット効率的に行うためには何よりも血糖値のコントロールができるようになることが大切です。

 

食後の血糖値が高くなるとインシュリンが増えて太るという流れは明確なのですから、まずは食後の血糖値が上がり過ぎないようにすることから対策するのが理想的です。

 

色々と血糖値の対策サプリなどはでていますが、今その有効性が大きな話題を読んでいる機能性関与成分ALAというアミノ酸が直接血糖値にアプローチして対策ができると言われています。

 

仕組みとしてはALAを摂取することによって血液中の糖を直接燃焼させることができるというものになっているので、現状の高い血糖値もムダにすることなく日頃の活動のエネルギー源として使いながらダイエットができます。

 

最近だと隠れ肥満ならぬ隠れ高血糖である人も増えてきているのでこういった成分は有効的に使って対策をしていくのが理想的です。

 

この記事のまとめ

今回は血糖値と肥満の関係性と、血糖値の対策をすることがダイエットに直結する理由についてお伝えしてきました。

 

ALAを摂取するためには専用のサプリメントを使うのが最適なので、安心して使える機能性表示食品のアラプラス糖ダウンというALAサプリを使いながら血糖値と肥満の対策をお個舞うのがいいでしょう。

 

ダイエットをしたい人も高血糖の改善をしたい人もまずは正常な血糖値を正常値に戻して、食事による血糖値上昇を緩和するようにしていくのが効率的です。

 

 

 

スッキリ博士の厳選コンテンツ!目的別ダイエットサプリ選び

 

糖質カットサプリ

食事を楽しみながら痩せられる糖質カットサプリ

 

酵素サプリ

痩せやすい体質を目指せる酵素サプリ

 

便秘解消乳酸菌サプリ

便秘を解消できるコスパの高い乳酸菌サプリ

食欲抑制サプリ

食欲を抑えて食べ過ぎを防止できるサプリ

 

 

 

 

関連ページ

太りやすい体質をウソのように改善するためにすべき3つの事
基礎代謝が低い3つの原因と基礎代謝をあげる方法
人と同じ量を食べているのに自分だけ太る理由は何?
日本人で太りやすいのは遺伝が原因?
中性脂肪がやばい?中性脂肪を減らすおすすめサプリ
肝臓に脂肪がついている脂肪肝を改善できるおすすめサプリ!
リバウンドを防ぐ!痩せにくい身体を変えて体重を戻す3つの秘訣とは
運動しながら痩せるために効果的なサプリは?
ダイエット食品が効果なしと断言できる理由とは?逆に太る危険性について
中性脂肪は食事で改善するのは難しい!酵素サプリで下げる上手な対策
すぐ胃もたれするのは病気?原因と『具体的』な改善方法
リポドリンの効果と副作用!安全にダイエットに使える?
痩せにくい年齢になってきたと感じた「今」すべき対策とは?
食べたらお腹痛い!食後の腹痛と下痢が酷い原因と対策方法
食後の血糖値上昇が気になる!サプリを上手く活用した高血糖を対策
やせメタボとは?今からでも間に合う具体的な対策方法
食べても太らない体質が羨ましい!サプリを使って体質改善する方法
加齢は血糖値上昇の原因になる?年齢による影響と正しい対策
健康診断で血糖値が高いと診断された!簡単に血糖値を下げる方法とは
食事の対策では血糖値が下がらない理由とは?
運動だけでLDLコレステロールは下がるか?本気で対策をするには?
コレステロール値が高いのは肥満の原因になる?関係性について考察
BMI30以上はヤバイ?知らないと怖いリスクとダイエット方法
【大正製薬】大正DHA・EPAを徹底レビュー!使用後の口コミ評価
【大正製薬】血圧が高めの方のタブレットを購入!実際に飲んだ口コミ
【大正製薬】血圧が高めの方の健康緑茶を実際に飲んだ口コミ・評価
血流改善のために選ぶべきサプリは?おすすめサプリ5選
体脂肪を減らす方法まとめ!サプリや漢方だけで減らせる?
【小林製薬】EPA・DHA α-リノレン酸の効果と本音口コミ
血圧は痩せると下がるの?ダイエットと血圧の関係性とは
褐色脂肪細胞とは?活性化させることで得られるダイエット効果が凄い